hisaya_hokoten

【社会実験】久屋大通公園を歩行者天国に!? 11月20日から5日間試験的に開催。

イベント 報道

2014/10/29

hisaya_hokoten

2014年11月20日(木)〜11月24日(月)までの5日間、中区・久屋大通公園の桜通より北側の区間において、
道路2本を車両通行止めにし、歩行者天国とする社会実験を行うと、中日新聞が報じています。

これは名古屋市が昨年6月にまとめたまちづくりの基本方針「栄地区グランドビジョン」に久屋大通公園の再生を盛り込み、
東西の道路は「主要幹線を除き、できる限り廃止し、周遊できる空間づくりを行う」としたことに基づくもので、
公園周辺の歩道でオープンカフェを増やすなどの施策を試み、効果があれば近い将来、恒久化することも検討するとのこと。

今回の試験期間5日間においては、京町通(外堀通寄り、サークルKなどのある道)と魚ノ棚通(ホワイトメイツ、ココストアなどのある道)を各日とも午前7時~午後7時の間だけ公園横断区間のみ車両通行止めを行う。
公園周辺の飲食店が歩道にテーブルやいすを置くオープンカフェは、
普段十カ所ほどあるが、試験期間中は数カ所増やし、カフェを囲う柵に企業の広告看板を付けることも特例として認めるとのこと。

さらに公園の北側ではこの五日間プラス、二本の道路を車両通行止めにしない11月15日、16日、29日、30日の四日間の計九日間、農産物直売や音楽会などの催し「NORTH HISAYA FESTIVAL(ノース・ヒサヤ・フェスティバル)」が開かれるそうです。

 

うーん、確かにこのあたりのエリアも活性化してほしいところですが、
普段栄中心部と比べればあまり人出の少ない場所ですし、平日の昼間などは遊びにきた人というよりは、周辺のサラリーマンの方々の憩いの場として利用されているイメージがありますね。
この社会実験、いったいどういった結果になるのでしょうかねぇ〜。

MAP

場所 中区丸の内3 久屋大通公園周辺
期間 車両通行止めが発生する期間:2014年11月20日(木)〜11月24日(月)
7:00〜19:00