skybus

【社会実験】名古屋市内を巡るオープンバス「ナゴヤSKYバス」が9月〜10月まで運行

イベント 報道

2014/09/18

skybus

 

名古屋市内で9月18日〜10月19日まで、初の観光用オープンバス「ナゴヤSKY(スカイ)バス」の試験運行が実施されます。

これは、来年2月に開港10周年を迎える中部国際空港との連携事業として、名古屋の観光イメージの向上とまちの魅力づくりの方策を検討する社会実験として行われるものです。

屋根のない「オープンバス」は東京や大阪、広島などで既に定期運行されていますが、東海地方では初の試み。
乗客へのアンケートなどを踏まえて、本格導入するかを検討するとのこと。

今回の試用運行期間においては、一日5便(午前10時、正午、午後3時、午後5時、午後6時30分発)、名古屋テレビ塔前より出発し、市科学館、大須観音、名古屋駅、名古屋城などを周回し、テレビ塔前に戻るルートを運行。
途中下車はできず、雨天時はカッパを貸し出す。
乗車料金は大人1,000円、小人(小・中学生)500円となっており、事前予約が必要なようです。

また、乗車チケットを一定期間内に名古屋城・テレビ塔・市美術館・市科学館等で見せると、割引を受けられるサービスもあるとのことです。

場所 名古屋テレビ塔前から出発
期間 平成26年9月18日(木)〜10月19日(日)
料金 大人1,000円、小人(小・中学生)500円
公式サイト 名古屋市 SKYバス公式