hitsujijinja

名古屋市北区の『羊神社』が2015年お正月は混雑しそうな模様。

イベント

2014/12/23

hitsujijinja

2015年はひつじ年となりますが、名古屋市北区辻町にある『羊神社』が今日本全国から注目を浴びています。

毎年初詣の人気スポットとして、その年の干支にちなんだ神社が参拝客が多くなる傾向にありますが、
日本でも非常に珍しい羊にまつわる神社が、名古屋市北区の「羊神社」なのです。

ではこの羊神社がなぜ、ひつじと関連しているのか?ということですが、
実はこの神社が鎮座する「辻町」という地名自体にも秘密が隠されています。
「つじ」という名称は実は「ひつじ」の省略形で、当初は「火辻(ひつじ)」だったのが、「火」は危険なものであるため不吉として、「火」を取って「辻」という地名がつけられたとのこと。

北区辻町に残る伝説として、その昔、今の群馬県にいた「羊太夫」という人物が、
毎日音速のような速さで奈良の都に通勤しており、その通勤途中に辻町にあった屋敷に立ち寄っていたとのこと。
その屋敷に羊太夫は神を祀り、「羊神社」が出来上がったといういわれが残っています。

なお、羊神社に祀られている神は天照大神(アマテラスオオミカミ)と火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)の二柱です。
境内では狛犬ならぬ「狛羊?」が迎えてくれます。

hitsujijinja2

ちょうど12年前の2003年においても全国から多数の参拝客が訪れたようで、その数は例年の10倍。
神社の方でも準備に忙しいようで、守札や破魔矢作り、ガードマンの手配などに追われているそうです。
御朱印は半紙・書き置きでの対応が基本とのこと。

また北警察署もこれに対応し、12月31日22時〜1月1日16時までと、1月2日〜4日の9時〜16時までの時間帯を交通規制。神社周辺道路は車両立ち入り禁止となります。
神社には駐車場がないため、公共交通機関を利用しての参拝をしてほしいと協力を求めています。

羊神社は地下鉄上飯田線「上飯田」駅3番出口から徒歩約10分です。

MAP

場所 名古屋市北区辻町5丁目26
公式サイト 羊神社