sunadorineko

鳥羽水族館に新ゾーン『奇跡の森』3月21日オープン。”泳げる猫”など初展示

開店

2015/01/03

sunadorineko

三重県鳥羽市の「鳥羽水族館」に3月21日(土・祝)、新ゾーン『奇跡の森』がオープンします。

鳥羽水族館の開館60周年記念事業の一環で、2014年9月から閉館中の旧「森の水辺」ゾーンのリニューアルオープンとなるのが、『奇跡の森』ゾーン。

このゾーンの目玉となるのが、日本国内の水族館で展示されるのは初となる、”泳げる猫”・スナドリネコ。
スナドリネコは、猫の仲間には珍しく泳ぎが上手で、魚やカエルなどを捕って食べることから、
「漁をする」という意味の「漁すなどる」の名前が付いた。英語名は「フィッシングキャット」。

野生種は熱帯、亜熱帯の河川や沼地の周辺などに生息するが、
展示されるのは、ヨーロッパの動物園で生まれたペアでいずれも2歳、全長は約60センチ。
既に鳥羽水族館で飼育を始めているとのこと。

また、「奇跡の森」は『探検気分』『ふれあい』をコンセプトとした体験型ゾーンとなり、
吊り橋を渡ったり、神秘的な滝の裏をくぐったりと魅力溢れる展示スペースとなる予定。
スナドリネコ以外に、フトアゴヒゲトカゲ、ボールパイソン、アカメアマガエル、アルダブラゾウガメ等を展示予定とのこと。

MAP

場所 三重県鳥羽市鳥羽3丁目3−6 鳥羽水族館
期間 奇跡の森:2015年3月21日(土・祝)開業
料金 入場料 大人:2,400円 小中学生:1,200円 幼児:600円
公式サイト 鳥羽水族館