canal4

中川区でプチリゾート気分!岩盤浴もあるスパ「キャナルリゾート」

その他

2016/08/22

 

canal3

中川区玉川町にある「キャナルリゾート」。英語でキャナルは「運河」の意味ですが、ここは中川運河沿いに作られたスパリゾート。名古屋にいながらにして、ちょっとリゾート気分になれるクアハウスです。お昼も夜間も結構にぎわっています。車で来るお客さんも多く、無料駐車場が340台分完備されていますので便利。昼間はシニア層のお客さんが多いかもしれません。バスも金山、新瑞橋、名駅(名古屋駅)と3つの場所を無料シャトルバスが往復していますので、そちらを利用される方もいます。

公式サイト(バスのアクセス)

豪快な滝があなたをお出迎え

canal4

 

流れ落ちる豪快な滝が、エントランス前に存在感バッチリであなたを迎えてくれます。キャナルリゾートのトレードマークといっていいでしょう。

 

canal

 

こちらがエントランスです。中に入って靴が脱げるようになっていますが、広々しており、タイルのひんやりした感触が、帰りのお風呂上りには素足だと気持ちよく感じられるんですよ。

 

canal5

 

受付ロビーの横は岩盤浴ゾーンです。こちらも大人気で、岩盤浴でもさまざまな種類が設置してあり、700円(土日祝は800円)で楽しめるのは魅力かも?コミックコーナーには週刊誌・月刊誌を含めて、なんと8300冊もそろっているので、リクライニングエリアで椅子にもたれてゆったりしつつ、お好きな漫画を心ゆくまで読むこともできちゃいます。

※なお岩盤浴のみのご利用はできません。入泉料も別途かかりますので、お気をつけください。(入泉料も価格は平日700円、土日祝は800円です。)

 

最近は、カップルで「スパデート」というのも流行しているようで、色違いの岩盤浴着(作務衣のようなもの)を着て仲良く歩いてる男女もよく見かけますよ。微笑ましいです。

 

レストラン&デザートも!

canal6

 

レストランは、名古屋で23店舗展開中で話題の海鮮料理「嘉文」や、キムチの店で有名な名峰プロデュースの「韓フーズ」も入店しています。チヂミやプルコギ、韓国冷麺など豊富なメニューを取り揃えていますよ。

 

canal7

 

こちらは「ロコカフェ」。フルーツがたっぷりと使われたジュースやプレミアム生クリームソフトなどを販売しています。お風呂上がりの乾いたのどをおいしく潤してくれること間違いありません。

今回、お風呂ののれんは残念ながら写すことができませんでしたが…女風呂も男風呂もゆったりしたスペース。いま話題の炭酸泉や塩サウナ、ジェットバス、壺湯、腰かけ湯(頭の部分が、鉄でできた棒状のマクラに当てるようになっており、ひんやりして気持ちいい!)などたくさん。露天風呂では大画面でテレビも視聴可能です。

 

パウダールームもゆったり!

canal8

 

そして女性に大事なのは、パウダールーム。髪の毛を乾かし、身だしなみをととのえるスペースです。パウダールームも広く、ブース型で間仕切りのあるスペースもあります。ハイパワーのドライヤーであっという間に髪も乾きますので、安心です。

 

夏の間はかき氷シャンプーも実施中

 

 

8月は「かき氷シャンプー」も実施中。頭からひんやりクールにしませんか?チャレンジャーなあなたはぜひトライしてみてくださいね。(※2016年8月22日現在の情報です)

名古屋市内にありながら、異空間でのんびり。お風呂でリフレッシュできるキャナルリゾートへどうぞ。家族でもおひとりでも、もちろんお友達同士でも…。フレンドリーなスタッフが優しく対応してくれます。

MAP

場所  名古屋市中川区玉川町4丁目-1
期間  朝9時~深夜1時(金・土・祝前日は午前2時まで。土・日・祝は朝8時~営業)年中無休
料金
公式サイト キャナルリゾート公式サイト