sport-nagoya

鶴舞のゲームセンター『Candy名古屋』が少々穏やかでない形で突如閉店。

閉店

2015/09/02

sport-nagoya

中区・千早の複合アミューズメント施設『スポルト』内のゲームセンター『Candy名古屋』が、
8月30日(日)の営業をもって何の前触れもなく閉店した模様です。
SNS上ではその閉店経緯が大変話題になっています。

「Candy名古屋」は千早交差点角にある「スポルト」内の1・2Fにあるゲームセンター。

Twitter上のツイートを辿ると、8月下旬からオンライン接続を行うゲーム機が接続不可になる障害が発生、
それらのゲーム以外は正常に稼働していたようなのですが、
8月31日(月)になって突然入口に以下のような貼り紙が貼られていた様子。

以下書き起こし。

お客様各位

この度、誠に急では御座いますが、閉店させて頂きます。
理由としましては「業績不振」が大きな理由です。
急な閉店につきましては、社長命令によるものです。
メダルをお預けのお客様に対しての事前告知もままならず、
道義的にも問題がございますし、お客様に対して大変失礼にあたります。
そこで、社員より、社長へお願いをしましたが、全く聞きいれて頂けませんでした。
私たち社員も職を失い、本日より露頭に迷うことになります。
お客様のみならず、親しくお付き合いして頂いている、
皆様に対して、ご挨拶もできずこの場を去る事を
お許しくださいませ。
最後ですが、お問い合わせ先を通常は、記載すべき所ですが、
対応する社員がゼロになりますので、社長一人となります。
携帯電話の番号は、個人情報の関係上、勝手には記載できないと判断し、
やむを得ず下記のようにしたいと思います。
現在の、当社社長のもう一つの会社名と電話番号を
お知らせする事としますので、ご活用いただければと思います。
あくまでも、お知らせという観点です。

(以下運営会社社長の他経営会社の社名、社長氏名、電話番号)

 

むむっ、これは、なかなか穏やかではないですねぇ。
お客様へのお詫びも節々に織り交ぜてはいますが、基本的に社員vs社長の構図があることが前面に押し出されています。
言ってしまえば、「夜逃げパターン」でしょうか…?
残された社員の悲痛な叫びが聞こえてきそうです。

なお、この貼り紙は現在は差し替えられている様子。

このゲームセンターは以前はスポルトの直営でしたが、数年前にCandyに運営が移行した経緯があり、
今後この場所にまた他のゲームセンターが入るかどうかは現時点では不明です。

ただ、ゲーセン業界は現在空前の苦況に立たされており、
名古屋市内でもここ数年中規模/小規模店を中心に続々と閉店が相次いでいます。

ちなみに、同じ建物内のボウリング/ビリヤード/卓球の『スポルト名古屋』、
カラオケ『ジョイジョイ』、イタリアンレストラン『サイゼリヤ』は、
平常通り営業している模様です。

MAP

場所 名古屋市中区新栄2-45-26
期間 ゲームセンター『Candy名古屋』
2015年8月30日(日)をもって閉店