classiccar-fes2016-1

『トヨタ博物館 クラシックカーフェスティバル』長久手・モリコロパークで5月29日開催。

イベント

2016/05/20

日米欧の貴重なクラシックカーが一同に会するイベント『第27回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル』が、長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)にて5月29日(日)に開催されます。

classiccar-fes2016-2

今年で27回目を迎える、トヨタ博物館主催によるクラシックカーの一大イベント。
この日のために全国から集まった個人所有のクラシックカーが150台が、午前9時〜11時まで、長久手市内の公道(愛・地球博記念公園〜トヨタ博物館前〜杁ケ池公園〜はなみずき広場〜長久手市役所〜長久手温泉ござらっせ〜愛・地球博記念公園)をパレードします。

近年のクラシックカー人気の高まりを受け、一般参加車両の台数を過去最大規模に増やしたとのこと。どれも1986年製以前の車種ばかりというのですから、車好きにはたまりません。

また、トヨタ博物館が所蔵する5台の超レア車種がモリコロパークの会場内を走行披露。
今回は「1920~30年代 飛躍的に発展した欧米車と緒についた日本車」をテーマに、
1920年製のパッカードツインシックス、1930年代製のホルヒ853、キャデラック452A、ロールスロイスファンタムIII、トヨダAA型乗用車(レプリカ)が登場。
また、1991年製ロールスロイス コーニッシュIIIなど3車種に同乗試乗できる体験会も開催されます。

開催日には会場周辺において渋滞が予想されるため、リニモなど公共交通機関での来場が推奨されていますが、
トヨタ博物館向かいに設置される臨時駐車場(400台)から最寄りの「芸大通」駅でリニモに乗り、モリコロパークに向かうパークアンドライド、長久手市内3ヶ所(愛・地球博記念公園/長久手温泉ござらっせ/トヨタ博物館)を巡回する無料バス(9:00〜17:00の間15分間隔で運行)といった来場手段も用意されています。

 

画像引用元:http://newsroom.toyota.co.jp/

MAP

場所 愛知県長久手市茨ヶ廻間乙1533-1 愛・地球博記念公園(モリコロパーク)
期間 2016年5月29日(日)8:45〜16:00
料金 入場無料
公式サイト トヨタ博物館|クラシックカーフェスティバル