emi10

名駅三丁目酒場『恵三』で、変わらない名古屋の味に出会う【ラガー大びんの似合う店①】

その他

2016/12/17

emi10

名古屋では『キリンラガービール』が昔からこよなく愛されているそうだ。
データによれば、愛知県のキリンラガーの大びんの販売数は全国平均販売数のおよそ2倍らしい。

巷の酒場では、ビールといえば決まってキリンラガー。しかも大びん。
なぜキリンラガーは名古屋人に選ばれ続けているのか。その答えが知りたくなった。
その先に究極の「名古屋の味」というものがあるのではないだろうか、と思ったからだ。

まずは手始めに、名駅三丁目で多くの人々から愛されているお店『恵三(えみ)』に赴いた。

emi1

年々求心力の強まる名古屋駅前。
その裏通りにはサラリーマン達が癒やしの時間を過ごす飲み屋街がある。
その中の一件が「恵三」だ。

見るからに昭和の佇まい。先鋭的で洒落た建物が並ぶ中で一線を画している。

emi6

「恵三」という名前は、オーナーの娘の三姉妹が三人とも、名前に「恵」の字が入ることから名付けられたそうだ。
現在は三姉妹のうち2人が店を切り盛りしている。

常連客が多く、平日であれば夕方から閉店間際まで賑わう。

emi7

カウンター脇にはキープボトルがずらり。皆から愛されている証拠だ。

嬉しいことがあった日も、辛いことがあった日も、そして何事もなく終わった平穏な日も、
仲間と酒を交わし、料理を味わい、一日が終わる。
時には狭い店内で、全く知らないもの同士で、酒を介したコミュニケーションも生まれることもあるのだ。

emi2

まずはキリンラガーで1杯。ビールは最初の1杯が一番旨い
そして間違いなく、瓶で飲むのがベスト

つまみには定番の串盛り。

emi9

このお店は小料理にも非常に気が利いている。

とん平焼きの薄い卵の中に包まれているのは、オクラと納豆。
ほどよい苦味にビールを継ぎ足したくなること請け合いだ。

emi8

そしてこの店の名物と言われている人気メニューが、『カレー焼きそば』。

この上なくジャンキーであるにも関わらず、食欲をそそらずにはいられない見た目。

emi11

名古屋では元々ある料理に違う他の料理の具材/要素をプラスするというのがお家芸。
焼きそばだけでも非常にしっかりとした味わいだが、ここにカレーが絡むと驚くほど旨い。

パンチの効いた濃い味だが、だからこそ、
キリンラガーのホップの効いた濃厚な苦味が、より喉元にグッとくるものを感じさせるのだ。

emi12

仕事帰りの癒やしの時間。そこにはいつも側にキリンラガーがいる。
昔も今も、苦味が冴える大人の味が、日常の酸いも甘いも包み込む。

キリンラガーは、昔からある名古屋文化の一部なのだ。

emi13

日に日に変わりゆく名古屋駅前。
それでもずっと変わらない店、そして変わらない味がある。

キリンラガーと名古屋の味、その文化をさらに追い求めていきたい、そう感じたのであった。

 

◆取材協力/キリンビールマーケティング株式会社

MAP

場所 名古屋市中村区名駅3-26-2
営業時間