freesshop

女子悲鳴!『FREE’S SHOP』撤退。名古屋パルコ店も閉店。

閉店

2015/02/17

freesshop

人気セレクトショップブランド『FREE’S SHOP(フリーズショップ)』は2015年2月末をもって事業撤退することを発表しました。

『FREE’S SHOP』は元々は大阪から始まったセレクトショップブランド。
「ピンキー&ダイアン」などのサンエーインターナショナルの傘下である「フリーズインターナショナル」が運営し、ライフカルチャーを基本コンセプトに大人のライフスタイルを提案、
20代〜30代の女性向けのフェミニンで過度には飾らないがトレンドをしっかり取り入れたセレクトアイテムが人気でした。

フリーズインターナショナルが展開する「FREE’S SHOP」は廃止となり、
もう一つの「FREE’S MART」はサンエー・ビーディーに移管され事業自体は継続。
また、同じ親会社が運営していた「ナネットレポー」「ココフク」「ツールフェイス」「アリスミュー」の4ブランドは廃止。米国ライセンスブランド「レベッカミンコフ」はサンエー・インターへ移管されるとのこと。

これに伴い「FREE’S SHOP」は国内全店が閉店、
「FREE’S SHOP名古屋パルコ店」「FREE’S SHOP MEN名古屋パルコ店」は2月15日(日)をもって閉店したと公式サイトにてアナウンスされています。

うーんこれはガチで痛いやつきましたね…ファストファッションに押されてこういった中間ランクのショップブランドが苦しい雰囲気を漂わせているのはひしひしと感じてはいましたが、
いざなくなってしまうと分かると非常にさみしいです。

MAP

場所 名古屋市中区栄3丁目29−1 名古屋パルコ
期間 2015年2月15日(日)閉店
公式サイト FREE’S SHOP