lavenue15

贅沢タルトの甘〜い誘惑『ラヴニュー デ シャンゼリゼ』久屋大通にオープン。

開店

2016/07/09

lavenue15

季節のフルーツをふんだんに使用したタルトの専門店『L’Avenue des Champs-Elysees(ラヴニュー デ シャンゼリゼ)』が6月9日(木)に東区・泉(「久屋大通」駅近く)にオープンしています。

このお店、あの人気ショコラトリーのパティシエが手掛けるお店ということで、女性を中心にオープン直後から超話題になっています。早速どんなお店かチェックしてみましょう!!

lavenue6

オープンしたのは、地下鉄「久屋大通」駅セントラルパーク1A出入口から北へ150mほど行ったところにある、おしゃれビル『WHITE MATES(ホワイトメイツ)』の1F。

lavenue13

「ラヴニュー デ シャンゼリゼ」とは、フランス語で『シャンゼリゼ大通り』という意味ですね。
長い名前だからか、公式に『ラヴシャン』とご丁寧に略称で書かれた看板も付いているので、ここからは「ラヴシャン」と呼ばせていただきましょう。

ラヴシャンをプロデュースするのは、同じ久屋大通に店舗を置く『ショコラトリータカス』のパティシエ・高須氏。
名店『テオブロマ』で修行し、ショコラティエとして名を馳せている氏が、第2号店のテーマとして選んだのがタルトとは実に意外ですね。

lavenue8

入ってすぐにあるショーケースには、これでもかというほどにフルーツが贅沢に乗った、煌めくようなタルトたちが並びます。もはやこの眩しすぎる光景だけでも満足してしまいそう。。。

lavenue12

タルトはテイクアウトも可能ですが、店内奥のイートインスペースで、美味しいお紅茶とともにいただくこともできます。
レースのカーテンをパーテイションにあしらった、とても優雅な雰囲気の空間。

lavenue9

早速タルトをいただきましょう。選んだのは『季節のフルーツタルト』。

lavenue10

食べる前からすでにフルーツの新鮮さが伝わってくるのですが、口に入れた途端、瑞々しいジューシーワールドに引きこまれてしまいます!
タルト生地もサクサクで、閉じ込められていた芳醇なバターの香りが広がり、まさに至福!!

lavenue4

これはぜひ他のタルトも味わってみなければ!と、さらに3種類いただいてしまいました。
こちらは『クリームチーズとサワークリームのタルト』。
名の通り、濃厚なチーズの上にふんわりとしたサワークリームがのった二層のタルト。甘さ控えめでさわやかな酸味のチーズの味わいが魅力です。

lavenue3

美しいビジュアルに惹かれずにはいられない『ブルーベリーとマスカルポーネのタルト』。
チーズのタルトにブルーベリーという組み合わせはこの上ない程のベストマッチですね。
ブルーベリーは目に良いといわれている「アントシアニン」が豊富に含まれていますから、美しい瞳を手に入れたい方にはうってつけです。

lavenue2

最後は『くるみとキャラメルのタルト』。
キャラメルクリームのマイルドな食感と香り、そして甘さがもはや悪魔的
ただ甘いだけではなく、大人っぽいコクやほろ苦さも絶妙なバランスで味わえる絶品です。

lavenue5

勢い余って4つもいただいてしまったのですが、まだまだ気になるタルトがあるのも正直なところ。
重そうに見えて実は軽々と平らげられてしまうのが恐ろしいところですね〜。まさに甘い誘惑

lavenue7

さらにタルトだけではなく、キッシュも提供されています。
こちらもサーモンやアボカド、焼きとうもろこしを使ったものなど豊富に取り揃えられています。1ピースを友達同士でシェアしたりしてもいいかもしれません。

lavenue1

ちなみに、タルトは1ピース700円台〜900円台と、ちょっぴりリッチな価格帯となっております。

しかしながら、そのお値段を払う価値のある強い説得力のあるタルトだと言えましょう。
とっておきのお呼ばれ用手土産としても、1人or友達との優雅なティータイムを過ごすのにも最適。
ラヴシャンで愉しむ至高の贅沢、ぜひその舌で味わってみてください!!

MAP

場所 名古屋市東区泉1-14-23 ホワイトメイツ1F
期間 2016年6月9日(木)オープン
営業時間:11:00〜20:00(L.O. 19:30)
定休日:月曜日
公式サイト L’Avenue des Champs-Elysees(facebookページ)