free_image1

コスパ最強の本格ハンバーグランチ!緑区にある喫茶店【なるみ】のノスタルジックな魅力を再発見

その他

2016/11/10

free_image1

緑区の緑市民病院のそばにある喫茶店「なるみ」。昭和40年前から営んでおり、創業45年以上という老舗の喫茶店です。

しかし、メニューが古臭いということはなく、現在でもモーニングやランチ時には多くの人が訪れる、隠れた名店だといわれています。地元の人から長年愛されている、ノスタルジックな魅力を再発見していきましょう!

喫茶店といえばコーヒー!一杯一杯をこだわる上品な風味とは

喫茶店の代表メニューと言えば「コーヒー」ですよね。苦味の中にある豆の芳醇な香りや風味を感じられる素敵な飲み物は、多くの人の心をガッチリ掴んでいます。常日頃から美味しいコーヒーを求めるカフェイン中毒の方々も多いかもしれません。

なるみのコーヒーは、開店当初から変わらないこだわりのオリジナルブレンドで、一杯ずつ布で抽出するネルドリップコーヒーです。酸味を抑えることで、苦味を引き立たせた風味は、日本人の舌や好みにもよく合うといわれています。

 

喫茶店なのに本格的!コスパ最強のハンバーグランチとは

なるみが混雑のピークを迎える時間帯が、お昼、つまりランチメニューの提供が始まる時間帯です。喫茶店のランチというと、ナポリタンを思い浮かべる人が多いですが、鳴海の名物ランチでは「ハンバーグ」が名物となっています。

中でも、「和牛入り粗挽きビーフハンバーグステーキ定食」を目当てに訪れる人も多く、限定の30食はすぐに完売してしまうんだとか…。「1,080円」という通常でもお得なのに、ランチ時には880円でいただくことが出来るのです。喫茶店で提供されるとは思えない、肉汁あふれる本格的なハンバーグ。すぐにでも足を運びたくなってしまいますよね。

 

なるみの絶品料理を大紹介!

では、実際になるみで提供されている美味しくて素敵な料理たちを紹介していきます!

一つ目は、上記とは違ったハンバーグメニューです。名物メニューとあって、ハンバーグといっても1種類ではなく複数提供されているため、ハンバーグ目当てでも何度も通いたくなってしまうかもしれません。

続いては、味噌カツ定食です。名古屋名物の味噌カツは、牛すじから得た出汁を存分に使用することで、味噌だけでも素敵な風味と旨みが濃縮された隠れた名物メニューとなっています。

最後は、名古屋民の定番メニュー「モーニング」です。価格によってオーソドックスなものから、朝からガッツリ食べたい人向けのものまで、その時の気分で選べるのが嬉しいといわれています。

 

ノスタルジックな雰囲気で絶品料理を味わいたい!

喫茶店のメニューというとおなじみの物が多く、それも喫茶店の醍醐味かもしれませんが、若い世代には物足りなくなってしまうことがあります。しかし、なるみの料理はハンバーグ味噌カツ唐揚げと意外とガッツリとしたメニューが多く用意されているのです。

さらに、それぞれをこだわりながら調理しているため、どれも専門店以上の美味しさとなっています。そのため、家族全員で訪れることも多いんだとか。地元の人から長年愛されてきたなるみ。多くの人がつい通いたくなっってしまう背景には、本格的でどんな世代の人が訪れても楽しめる、そんなメニューが非常に大きな魅力となっているのです。

MAP

場所  愛知県名古屋市緑区潮見が丘1丁目5
期間  営業時間

・モーニング…7:00~11:00
・ランチ…11:30~14:00
・ディナー…17:00~19:30(L.O.19:00)

定休日…水曜日、第3火曜日

料金
公式サイト サイトURL