andkorwat1

古代インドシナの美に迫る『アンコールワットへのみち』名古屋市博物館で4月16日から。

イベント

2016/04/05

andkorwat1

古代インドシナの神秘の王国の美術と歴史に迫る特別展『アンコール・ワットへのみち』が、名古屋市瑞穂区の名古屋市博物館にて、4月16日(土)〜6月19日(日)まで開催されます。

andkorwat3

東南アジア・インドシナ半島に9世紀から15世紀に栄えた、密林に埋もれた王朝『アンコール・ワット』。
その美術と歴史に触れて、神々の楽園を作り上げた古代文化に思いを馳せる特別企画。
2015年より日本各地にて巡回している展示の名古屋展です。

未だに謎の多いアンコール王朝の成立・繁栄までをヒンドゥー教/インド仏教の神々を中心とした彫像美術を軸に紹介。
全国各地の所蔵品116件が会場に一挙に集結します。

andkorwat2

中でも見どころはインド神話の4つの顔と4本の腕をもつ宇宙創造の最高神「ブラフマー」、慈愛に満ちた美しい女神「ブラジュナーパーラミター」、象の頭をもつ富と知恵の神「ガネーシャ」など。
さらに「シヴァ」「ヴィシュヌ」といった日本でも有名なインドの神々の、時代によって移り変わっていく造形と美的感覚、精巧さをもった彫像に、古代の人々の思いを感じずにはいられないはず。

さらに約600年にわたるアンコール王朝の代表的な遺跡を紹介、歴史を辿るほか、古来の文化にふれられる特別なイベントも開催予定。

思わずため息が出そうなほどの、神秘的な美に心を打たれる展覧会になりそう。必見です。

画像引用元:http://www.path-to-angkorwat.com/

MAP

場所 名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1 名古屋市博物館
期間 2016年4月16日(土)〜6月19日(日)
9:30〜17:00(最終入場16:30)
休館日:月曜日/第4火曜日(5/2(月)のみ特別開館)
料金 一般:1,300円 高大生:900円 小中生:500円
公式サイト 特別展 アンコール・ワットへのみち