place_au_soleil13

本山にスウィート過ぎるフランス菓子店『PLACE au SOLEIL(プラス・オ・ソレイユ)』オープン。

開店

2016/10/27

place_au_soleil13

千種区・本山に新たなフランス菓子専門店『PLACE au SOLEIL(プラス・オ・ソレイユ)』が2016年10月21日(金)にオープンしました。
こちらのお店、前を通りかかっただけでも「ザ・素敵なお店感」がむんむん漂って思わず立ち寄ってしまったのですが、期待どおりにかなりキテるお店でしたので張り切ってレポートしたいと思います!!
詳細は以下からチェックしてみてくださいっ↓↓

place_au_soleil16

お店は「本山」交差点の南西、山崎川上流部の川沿いの道にあります。
「PLACE au SOLEIL」はフランス語で「陽のあたる場所」という意味。
まさに周囲の雰囲気にも合っていて、パッと明るい雰囲気を放っています!イイかんじ。

place_au_soleil15

フランス菓子の専門店というだけあって、店内はシャンデリアやお花が天井から下がっていたりして、とってもエレガントな雰囲気。アンティークの小物づかいも素敵です。

実はこのお店、東京・世田谷の伝統的なフランス菓子の名店『パティスリー・ノリエット』で修行を積み、『アンドレ・ルコント杯』『キリ クリームチーズコンテスト』など数々のコンテストでの受賞歴多数のパティシエ・寺山直樹氏が独立して開いたお店なんですよ。

place_au_soleil12

そしてもちろんショーケースには魅惑のスウィーツがずらり。壮観です。
ケーキだけでもかなり豊富な種類が展開されていますが、ショコラや焼き菓子、パンも販売されています。

テイクアウトのみの販売ということで、今回はオープン記念で販売されているプティガトーの詰め合わせを買ってみましたよ。

place_au_soleil7

シェフが最も得意としているのがシュー生地を使ったお菓子ということで、
イチ押しのメニューがこちらの『スペキュロシュブースト』。
見た目は完全にシュークリームですが、複雑な名前(?)だけあって一筋縄ではいきません!
やはりシュー皮のカリカリ感とちょっぴり大人な風味が魅力。カスタードも濃厚です。

place_au_soleil8

こちらもシュー生地を使用した『エクレール・キャラメル(左)』と『エクレール・カフェ(右)』。
生地の食感とクリームの親和度、なめらかさがまさに絶品といえるでしょう。
特にキャラメルの方は、これぞキャラメルの真骨頂!ともいうべき品のあるお味がします。

place_au_soleil1

近年日本でもじわじわ浸透しつつあるフランス伝統菓子『マルジョレーヌ』。
サイドのナッツとチョコの壁のような質感に食欲をそそられずにはいられませんね。
いくつも重なったクリームの層はふんわりとした口溶け。とりわけヘーゼルナッツの香りが香ばしいです。

place_au_soleil4

そしておなじみの『モンブラン』。
美しく纏われたマロンは舌触りに弾力を感じ、栗好きにはたまらないものがあります。
洋酒の味が非常に効いており、まさしく大人が納得するモンブランといえるでしょう。

place_au_soleil5

今回は結構甘い系のお味のガトーに偏ってしまいましたが、
フルーツ系のメニューも気になるところ。。。思わず通ってしまいたくなります!

見た目もお味も非常にお上品ですが、敷居が高すぎることもなく、家族や友人への手土産にも丁度よさそう。
お店の名前の通り、食卓にパッと明るい陽のあたる場所になること間違いありませんよ!

MAP

場所 名古屋市千種区稲舟通1-38 コーポラス本山1F
期間 2016年10月21日(金)オープン
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火曜日・第一月曜日
公式サイト