thebishop7

『THE BISHOP(ザ・ビショップ)』朝からバーガー&ビアもOKなカフェダイナー、新栄にオープン。

開店

2016/07/16

thebishop7

中区・新栄に新たなカフェダイナー『THE BISHOP(ザ・ビショップ)』が7月2日(土)にオープンしています。
ハンバーガーやサンドウィッチをメインメニューに、モーニングから楽しめるお店。しかも栄にある人気店の新スタイルでの第2号店ということで、話題性はMAX。さっそくお店の詳細をチェックしてみましょう!

新栄と東新町の中間地点、錦通から広小路通に斜めに抜ける道沿いにオープン。
現代的なカフェ風のおしゃれさを備えながら、レンガと木で構成された外観は非常に重厚な佇まいを醸しています。

実はこのお店、栄・住吉にある大人気のカジュアルイタリアンバー『やまびこ』の実質的な第2号店。
やまびこが夜の営業をメインにした立ち飲みバルであるのに対し、こちらは朝7時から夕方18時半まで営業するモーニングとランチ主体のお店という対比が面白いです。

thebishop2

こちらのお店は立ち飲みではなく、カウンターをメインに数席のテーブルが配置されたシンプルな座席構成。
古くからあったバーを改装した店内にはワイン、ウイスキー、リキュールなどが並び大人っぽい雰囲気。

thebishop6

早速、看板メニューである『ビショップバーガー』(800円)をいただきました。
別途、卵/オニオン/チーズ/ベーコン/アボカドの5種類のトッピングを1つにつき150円で追加可能ですが、今回はトッピングはなしでオーダー。しかしながらすごいボリューム。

thebishop8

レタス、トマト、ビーフパティにタルタルソースというシンプルな構成ですが、シャキシャキとしたレタスとガッツリなパティの食感のハーモニーが気持ち良い!
牛肉100%のパティからはこれでもかというほどに肉汁が溢れ出し、一滴も逃したくない!という気持ちになります。

バンズは池下にあるパン屋さん『rico(旧「ベーカリーコルク」)』さんのものを使用。このバンズがまたサックリ感に一役買っています!

これ以外にもローストビーフを挟んだ『ビショップサンドウィッチ』やホットドッグ等のメニューがあり、プラス450円でポテトとドリンクが付きます(11:30〜14:00までのランチタイムはそれに加えコールスローorスープ付き)。

さらに、7:30のオープンから11:00までは魅力的なモーニングセットも提供。
こちらはそば粉を使った『ガレットコンプレット』。

そば粉のクレープに目玉焼き、ハム、チーズ、サラダが入ったフランス北西部・ブルターニュ地方の伝統料理。
まさに朝食に食べたいものをコンプリートしたかのようなメニューですね。
付け合わせのバナナを乗り込みイチジクを加えた自家製のバナナケーキも非常にgoodです。

モーニングセットはこれ以外にも人気の『エッグスラット』もあり、ドリンク付きで800円。

これ以外にもビールやワインなども多数取り揃えているので、カフェとしての用途だけではなく、ちょい呑みまで出来ちゃいます。
この地域には、近くに『コメダ珈琲店』があるものの、さらに一歩踏み込んだ朝営業もしているカフェがなかったので、日中のさまざまな時間帯にほっと一息つける場所が増えたといった感じでしょうか。
バーガー/サンドウィッチやお酒も朝からOK!ぜひ皆様の生活の中のちょっとした時間に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

※記事中の文章/画像に表示された価格は2016年7月時点のものであり、変更になる可能性がありますのでご了承ください。

MAP

場所 名古屋市東区東桜2-20-9 天陽第一ビル1F
期間 2016年7月2日(土)オープン
営業時間:7:30〜18:30
不定休
公式サイト THE BISHOP(facebookページ)