tonkatsu-kanan6

味噌カツミーツ・ザ・ワールド!緑区「とんかつキッチンカナン」のフレンチとんかつを喰らえ!!【ネオ名古屋めし図鑑10】

その他

2017/01/18

tonkatsu-kanan6

進化し続ける名古屋めしの今を追いかける【ネオ名古屋めし図鑑】も、とうとう第10弾!

今回は、緑区・徳重で40年以上地元民に愛され続けるとんかつ専門店『とんかつキッチンカナン』をご紹介します。
名古屋名物として愛される「味噌カツ」を、一風変わったスタイルで提供するこちらのお店。
まさに”とんかつ×世界の料理(!?)”を体現する名(迷?)店なのです。さっそくチェックしてみましょう↓↓↓

◆ 創業45年。世界に羽ばたく(?)名古屋めし!

tonkatsu-kanan1

徳重交差点から南西へ、「平手電話交換局北」交差点を少し過ぎたあたりで「とんかつカナン」の赤い看板が見えてきます。
メガネをかけた豚さんのイラストもなんともキャッチー。

創業はなんと1972年。
その当時はこのあたりも今ほど発展していなかったでしょう。
しかしながらこちらのお店、お昼時にもなると店舗前・店舗裏手の駐車場がぎっしりいっぱいになるほどの超人気店なのです!

tonkatsu-kanan2

お店の売りはなんといってもとんかつ
しかし入口の前のショーケースにはなんだかヘンテコなメニューのサンプルがずらり!?
メニューの名前はともかく、全体的に盛り過ぎじゃね???

一抹の不安を抱えながら入店。。。

tonkatsu-kanan13

テーブルに着き、メニューを開くとさらに衝撃的な内容が。

そこにはトータルで50種類以上のとんかつメニューが列記され、
さらにそこに添えられた、デカデカとした【あなたのお好みのとんかつがきっと見つかります】の文字!

とてもじゃないですが迷いに迷って見つけられません!!!

 

結局、いろいろと目移りしましたが、企画の意図的に今回オーダーしたのは特に人気が高く、散々メディアでも紹介され続けているこちらのメニュー。。。

tonkatsu-kanan7

フレンチとんかつ』!!!(定食/930円)

こちらのメニュー、見た目的に何か変だと思いませんか??
そう、とん”カツ”でありながら、衣で包まれておらず、代わりに卵でくるまれているのです!

tonkatsu-kanan9

卵の上にはマヨネーズ。カツの下にはキャベツ。
見た目ちょっと「とん平焼き」に近いかもしれません。
そして皿の下半分はたっぷりの味噌が。

ところでこの「フレンチとんかつ」、いったいどこがフレンチなのか、ということが気になりますね。

実は店主が「フレンチトースト」から着想を得て作ったところから来ているネーミングなのです!!
卵に浸すというところが共通しているとはいえ強引すぎます!!
フランス料理のテイストは一切ありません!!!

tonkatsu-kanan5

断面はこんな感じ。
ネーミングの強引さとは裏腹に、こんなにキレイに卵でくるむのはなかなかの名人芸。
とんかつのサクサク感は味わえないものの、豚肉の弾力のある歯ごたえが際立つ、まったく新しい料理として昇華しています。

tonkatsu-kanan8

皿の端に辛子が添えられているのがうれしいところ。。。といいたいんですが、
やけに量が多くないですか???

tonkatsu-kanan4

貧乏性なので全部塗りきれるように一切れずつ加減してぬりぬりしていきますが、
やっぱり量が多いのでもはや辛子の味しかしません!!!

でも…それでいいんです!
それぐらいの粗雑な味が楽しめるところも一興なのですっ!!!!

 

◆ カナン自慢のワールドとんかつシリーズ

tonkatsu-kanan12

その他にもカナンでは、ワールドワイドをテーマにした様々なとんかつを提供。

ケチャップと野菜の特製ソースを使った「アメリカンとんかつ」、
チーズののったピザ感覚の「イタリアンとんかつ」、
キムチがてんこもりにのっているという「コリアンとんかつ」、
ソーセージとチーズをはさんだ「ジャーマンとんかつ」などなど、

フレンチとんかつどころで騒いでいてはいけないほどの個性の強すぎるメニューがラインナップされています。

tonkatsu-kanan14

メニューの端っこに載っている『なんでやねん!!とんかつ』も気になります。

【あのミッツ・マングローブが名付け親で有名なお好み焼のような不思議なとんかつ】と記載。
いろいろとツッコミどころは満載ですが、とりわけミッツ・マングローブのギラギラ感の強いアー写が一番の見どころではないでしょうか!!??

…なんだかメニューを見ているだけでお腹いっぱいになってきましたが、
様々な種類のとんかつは元より、スタンダードな味噌カツも今度来た時には是非是非いただきたいなと思ってしまいました。。。
いろいろと手を出して最終的には標準に落ち着くというのが人間という生き物の性なのです(味噌カツがスタンダードという謎前提)。

しかしながら、スタンダードにしろ変わり種メニューにしろ、
何度も通う地元の人にも、わざわざ足を運ぶ遠方の人にも飽きさせない魅力を発信し続けているというのが、40年以上続く秘訣なのかもしれないと感じました。。。

 

世界に羽ばたく意気込みこそ名古屋めし魂。よってこれをネオ名古屋めし図鑑に登録します。

※記事中の文章/画像に表示された価格は2017年1月時点のものであり、変更になる場合がありますので、ご了承ください。

MAP

場所 名古屋市緑区徳重5-909
期間 営業時間:11:00〜14:00/17:00〜22:00(L.O.21:30)
定休日:月曜日
公式サイト