uchuuten

『夢と感動の宇宙展 「宇宙兄弟」が挑んだ空へ!』名古屋市科学館で3月14日から。

イベント

2015/03/03

uchuuten

名古屋市科学館では3月14日(土)〜5月24日(日)まで、
『夢と感動の宇宙展 「宇宙兄弟」ムッタとヒビトが挑んだ空へ!』が開催されます。

中京テレビ主催、宇宙に挑む人々の夢やさまざまな感動のドラマとともに、
月への有人飛行、国際宇宙ステーションと日本の科学技術などについて展示。

また宇宙飛行士になって月に行くことに憧れたムッタとヒビトの兄弟が、
その夢の実現に向けて果敢に挑んでいくアニメ「宇宙兄弟」とリンクさせ、
アニメ世界で描かれた宇宙開発の夢と、リアル世界の宇宙開発関連展示品とを融合した”宇宙展“です。

 

●「宇宙飛行士になるには」展示

宇宙飛行士になる為の条件、試験の内容などをパネルや映像で紹介。
また星出宇宙飛行士の子どもの頃の作文を紹介し、
小さい頃から宇宙飛行士になることを夢見て、現実にかなえたことを紹介。
夢をもつことの素晴らしさを伝えていきます。

●ムッタ&ヒビトと月探査に出かけよう!

第二次世界大戦後のアメリア・ソ連の冷戦を背景に、競うように急速に進められた宇宙開発。
その結果、人類は遂に月への有人飛行を成し遂げます。
このコーナーでは人類が宇宙に飛び出した歴史を「ソユーズ宇宙船」のモックアップや「アポロ計画」関連の展示とともに振り返ります。

●ムッタ&ヒビトと月面に立とう!

1969年7月20日、ついに月面に到達した人類。
今回の目玉となるNASAが採取した貴重な「月の海の石」と「月の山の石」、
さらにロシアが採取した「月の砂」を展示。
この3つが同時に展示されるのは日本初!他に、月面探査車や月面活動服も展示します。

●ムッタ&ヒビトと国際宇宙ステーションの旅へ

月着陸の成功により、有人宇宙活動は「競争から強行」へ、新たな時代を迎えます。
1984年、アメリカ大統領は世界に向け、「宇宙で人間が生活できる宇宙基地を作ること」を提唱しました。これがきっかけとなって地球規模の「国際宇宙ステーション(ISS)建設プロジェクト」が誕生したのです。
現在、アメリカやロシア、日本をはじめとした15ヵ国が参加しています。
このゾーンでは国際宇宙ステーションでの生活の様子と日本が進める有人宇宙活動の現状、
さらにそれらを支える民間企業の技術について紹介。

●ムッタ&ヒビトと宇宙開発の未来への旅へ

昨年の「はやぶさ2」打上げは大きなニュースになりましたが、
宇宙開発の分野で日本は世界に対して、大きくアピールしています。
中でも東海地方はHⅡ-Bロケット製作など、航空宇宙産業が最も盛んな地域。
人気の「はやぶさ」「はやぶさ2」関連の展示をはじめ、「宇宙エレベーター」「宇宙ホテル」など未来の宇宙開発に関する展示も行います。

 

宇宙に興味がある人も、「宇宙兄弟」のファンにも楽しめるイベントになりそうですよ。
ぜひ足を運んでみてください!!

MAP

場所
名古屋市中区栄2丁目17-1 名古屋市科学館
期間 2015年3月14日(土)〜5月24日(日)
料金 大人:1,300円 大高生:800円 小中生:500円
公式サイト 宇宙展|中京テレビ