worldsamuraisummit2016-1

全国の武将が今、長久手に集まれり!『ワールドサムライサミット2016』モリコロパークで開催。

イベント

2016/11/10

worldsamuraisummit2016-1

全国各地の武将隊や戦国/甲冑をテーマに活動する団体が「武将のふるさと・愛知」に一挙集結する戦国イベント『ワールドサムライサミット2016』が、愛知県長久手市の「愛・地球博記念公園」にて2016年11月19日(土)・11月20日(日)の2日間開催されます。

2014年開催「あいち合戦ワールドの様子」

武将エンタメや戦国コンテンツが集合し、世界でここだけの”サムライ・テーマパーク”が展開される一大武将観光エンターテイメントイベント。

2014年に「あいち合戦ワールド」、2015年に『東海合戦ワールド』として開催されたイベントのパワーアップバージョンで、
開催地をこれまでの桶狭間合戦地に近い大高緑地から、小牧・長久手の戦いゆかりの地・長久手市の「愛・地球博記念公園」に場所を移して開催されます。

全国各地の武将隊が登場するのはもちろんのこと、忍者隊やお姫さま、さらには西洋の甲冑騎士たちまでもが登場しちゃうんですよ!まさにワールドワイドにパワーアップしたイベントになりそうです。

イベント詳細

◆【大武者行列】
武将隊・忍者隊、甲冑隊などの一斉に出陣、地球市民交流センターから大芝生広場までを練り歩き。

◆【騎士鎧バトル】
日本で唯一の本格ドイツ剣術や西洋甲冑を着けての戦い方を伝える「キャッスル・ティンタジェル」によるアーマードバトル。
観戦だけでなく、西洋甲冑の試着体験やドイツ剣術のワークショップも開催。

◆【合戦絵巻「小牧・長久手の戦い」】
「小牧の戦い」を講談師・旭堂南湖先生の講談でつづり、「長久手の戦い」を日本甲冑合戦之会のメンバーと一般参加者による槍合わせも交えた迫力ある合戦再現が展開。

◆【武将隊・忍者隊演武ステージ】
「名古屋おもてなし武将隊」や「徳川家康と服部半蔵忍者隊」をはじめ各地の武将隊が殺陣や踊り、ステージ演武などのパフォーマンスを披露。

◆【手筒花火】
戦国時代の「のろし」から発展したと考えられている三河地方の伝統芸能を披露。

◆【古式日本刀鍛錬実演】
鎌倉時代より今に伝わる関鍛冶の技を出張実演。

◆【鷹狩り実演】
織田信長や徳川家康が好んだことで知られる「鷹狩り」を、代々徳川家に仕えた吉田流村越家の鷹狩りを伝承する鷹匠が実演。

その他甲冑や忍者衣装の試着体験、サムライ菓子まき、茶の湯文化体験、名古屋めしのうまいもんブースなど、一日中楽しめる催しが盛りだくさん。
詳細なタイムスケジュールなどは公式サイトにてチェックしてみてください。

MAP

場所 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533−1 愛・地球博記念公園 大芝生広場/地球市民交流センター
期間 2016年11月19日(土)・11月20日(日)
10:00〜17:00
※詳細なタイムスケジュールは公式サイトをご確認ください
料金 入場無料
公式サイト ワールドサムライサミット