名古屋随一の桜の名所『山崎川』。ライトアップは3月27日から。

イベント

2017/03/23

名古屋市内でも随一の桜の散策路として挙げられる、瑞穂区の『山崎川 四季の道』。
その最大の魅力でもある夜桜のライトアップが、2017年3月27日(月)〜4月4日(火)まで開催されます。

山崎川の桜は、日本「さくらの名所100選」に認定された、全国的に有名な桜の名所。
石川橋から新瑞橋までの2.8キロメートルの両岸には約600本のソメイヨシノの並木が続き、
特に鼎(かなえ)小橋付近の120mの区間では夜間ライトアップが行われ、
投光器が照らし出す夜桜風景は大変美しく一見の価値があります。

鼎小橋付近は特に老木が多いとされており、川面に垂れかかるように伸びた枝が満開の花を咲かせ、さらにそれが水面に映る様が日本的な情緒をより際立たせています。

名古屋城や鶴舞公園と違った山崎川の魅力としては、周辺が住宅街のため、露店の出店および、宴会が禁止されている点。
川辺を歩いたり、川岸に腰掛けながら、純粋に桜を観賞することに向いているので、1人で花見を楽しみたい方にもおすすめです。

アクセスは地下鉄桜通線「瑞穂区役所」駅を下車し、「汐路桜ロード(通称・桜のトンネル)」を約15分歩くのがおすすめ。
詳細な場所はマップをご確認ください。

画像引用元:http://www.city.nagoya.jp/

MAP

場所 名古屋市瑞穂区田辺通3丁目 山崎川 鼎小橋付近
期間 ライトアップ期間:2017年3月27日(月)〜4月4日(火)
18:30〜21:00
料金 入場無料
公式サイト 名古屋市公式サイト|瑞穂区のさくら