豊山町に航空博物館『あいち航空ミュージアム』2017年11月30日オープン。

開店

2017/09/04

愛知県豊山町の「県営名古屋空港」敷地内に、航空機をテーマとしたミュージアム『あいち航空ミュージアム』が、2017年11月30日(木)にオープンします。

◆ 空へのあこがれを育むミュージアム

「あいち航空ミュージアム」は、豊山町の「県営名古屋空港」敷地内、ショッピングモール『エアポートウォーク名古屋』に隣接した場所に立地する航空博物館。エアポートウォークとは連絡橋で直結する形となります。

空へのあこがれを呼び覚まし、飛ぶとは?を学べる、見てさわって感じて楽しめるコンテンツを展開。
愛知県ゆかりの機体などを展示する施設としての役割のほか、航空機産業の情報発信、航空機産業をベースとした産業観光の強化、次世代の航空機産業を担う人材育成の推進もコンセプトとして盛り込んでいます。

 

◆ 大人も子供も楽しめるコンテンツ

●実機の展示
戦後初の国産旅客機「YS-11」のほか、プロペラ機「MU-2」などを広大なフロアに展示。

●名機百選
日本の航空史に名を残した100種類の名機を、1/25スケールの精密模型で一同展示。

●オリエンテーションシアター
飛行機作りの歴史を大画面の3Dシアターで学ぶ。

●サイエンスラボ
飛行機はどうやって飛ぶの?鳥が飛ぶのとはどう違うの?など飛ぶ仕組みを学ぶ。

●職業体験
パイロット気分で空の仕事を体験。

●展望デッキ
屋上からは名古屋空港を離発着する航空機を展望できる。寝そべって観られるハンモックも設置。

****

この他にも、社会見学にも対応する航空教室や工作教室などのワークショップも随時開催される予定。
大きな話題となっている国産初のジェット旅客機「MRJ」の開発・生産の拠点であるエリアだけに、国内外問わず注目されるスポットとなりそうです。

 

画像引用元:https://aichi-mof.com/

MAP

場所 愛知県西春日井郡豊山町 県営名古屋空港内
オープン日 2017年11月30日(木)
営業時間 10:00〜19:00
休館日 火曜日
料金 大人:1,000円 高校大学生:800円 小中学生:500円
(予定)
公式サイト あいち航空ミュージアム