城を眺めながらご当地の銘酒を味わう『名古屋城酒まつり』2017年7月1日から開催。

イベント

2017/06/21

名古屋城にて初開催となる、城を眺めながら中部地区の地酒を味わう日本酒イベント『第1回 名古屋城酒まつり』が、2017年7月1日(土)〜7月17日(月・祝)までの土日祝日に開催されます。

名古屋城のお膝元で中部地区の美酒に酔いしれる

「名古屋城酒まつり」は、今年初めての開催となる中部地区最大規模の日本酒イベント。
愛知県を中心に、中部地方のご当地の酒蔵/酒銘柄が一堂に集結。
名古屋城天守閣や本丸御殿を眺められる歴史情緒の深い場所で、お猪口に注がれた味わい深い美酒を堪能できる贅沢な機会です。

地元を代表する酒蔵/銘柄が集結

酒まつりで試飲できる日本酒は、愛知県/岐阜県/三重県を代表する27の酒蔵の50種を超える銘柄の数々。
個性豊かな銘酒の数々を飲み比べすることが出来る絶好の機会。狙いを定めて呑むもよし、全種類を制覇するもよし。
ただし、飲み過ぎにはくれぐれもご注意くださいね。

愛知県
神杉酒造/清州桜醸造/金銀花酒造/勲碧酒造/九重味淋/小弓鶴酒造/澤田酒造/鶴見酒造/東春酒造/盛田/盛田金しゃち酒造/山崎/山田酒造

岐阜県
足立酒造場/岩村醸造/武内/千古乃岩酒造/千代菊/白扇酒造/はざま酒造/平瀬酒造店/平野醸造/三千盛

三重県
伊藤酒造/大田酒造/河武醸造/宮崎本店

また、試飲コーナーとは別に、日本酒の即売も行われますので、日本酒好きには必見です。
出店者は開催日によって異なっておりますので、詳細は名古屋城酒まつりのfacebookページを参照ください。

 

チケットと試飲の方法

チケットの価格は前売券(6月30日(金)まで)が2,300円、当日券(7月1日(土)〜17日(月・祝)まで)が2,600円
チケットぴあおよび各コンビニエンスストアの店頭にて購入できるほか、Webからの購入も可能です。

※Webでの購入→チケットぴあローソンイープラス

チケットは会場にて、
◆特製3勺お猪口 ◆試飲コイン12枚 ◆銘酒カタログ
の3点セットと引き換えられます。

試飲コインを使用し、各銘柄をお猪口一杯ずつ試飲できる形式です。
(※1杯の試飲に必要なコインの枚数は銘柄により異なります)

 

開催場所

会場は名古屋城正門と東門の中間にあたる「西之丸エリア」一帯。
来場は地下鉄名城線(「市役所」駅下車徒歩5分)、市バス(栄13号系統/メーグル「名古屋城正門前」または基幹2号系統「市役所」下車徒歩5分)をご利用ください。

MAP

場所 名古屋市中区本丸1-1 名古屋城 西之丸エリア
期間 2017年7月1日(土)、7月2日(日)、7月8日(土)、7月9日(日)、7月15日(土)、7月16日(日)、7月17日(月・祝)
各日10:00〜16:30
※雨天決行
料金 前売券 2,300円(〜6月30日(金)まで)
(Webでの購入→チケットぴあローソンイープラス
当日券 2,600円(7月1日(土)〜7月17日(月・祝))
※それぞれ名古屋城入場料込です
公式サイト 名古屋城酒まつり公式サイト
名古屋城酒まつり公式facebook