ダイソーの新ブランド『スタンダードプロダクツ』名古屋初店舗が名駅・近鉄パッセに10月21日オープン。

開店

名古屋駅前・近鉄パッセ6階に『Standard Products(スタンダードプロダクツ)』が2022年10月21日(金)にオープンします。

「ちょっといいのが、ずっといい」をコンセプトとする話題の生活雑貨店が名古屋初上陸!

100円ショップでお馴染み『ダイソー(大創産業)』から生まれた新ブランド
これまでのノウハウを活かした低価格・高品質・サスティナブルな商品展開となっています。

※外観、商品棚は既存の他店舗で撮影されたものです

『スタンダードプロダクツ』は2021年3月に渋谷で誕生したブランド。
普段の生活で使いやすく、日常がちょっと楽しくなるような300円台が中心のアイテムを取り揃えています。

「近鉄パッセ店」は岐阜県の新たな商業施設イオンモール土岐に続いて東海エリア2店舗目。
10月28日(金)には「イオンモール常滑」、11月11日(金)には「イオンモール鈴鹿」への出店も決まっているため、今後の店舗展開にも期待が高まります。

生活雑貨が豊富に揃う中で特に人気を博しているのが「高台のない食器シリーズ(¥110~¥550)※全10種類」

裏面の高台を敢えてつけないことで、サイズ違いで重ねた時にも美しく見える形状にこだわっているそう。

カテゴリーを超えて質感とカラー展開が統一されているため、コーディネートのしやすさ・揃えやすさも魅力となっています。

秋冬アイテムとして「オーガニックコットンタオル(¥330~¥770)」を用意。

肌触りが良く吸水性にも優れたやわらかな質感。
ハンドタオルからフェイスタオル、バスタオルとシリーズで揃えられるサイズ展開です。

国内産業とのコラボレーション商品も要注目。
地域アイテムとして愛知県瀬戸市で作る「瀬戸焼の豆皿(¥330)※全12種類」を販売。

手作業で施されるガラス釉薬は、ヒビのように見える貫入(かんにゅう)が特徴です。

名古屋初店舗『スタンダードプロダクツ 近鉄パッセ店』のオープン日は2022年10月21日(金)。

オープニングキャンペーンとして、税込1,200円以上購入された方へ間伐材を使用した「ひのきのスマホスタンド」を配布します。(※先着600名、在庫がなくなり次第終了)

ご紹介したアイテム以外にも日常の暮らしを豊かにする生活雑貨が勢ぞろい。
6階のダイソーと同フロアとなっているため、買い回りや商品の比較をしやすいのも嬉しいですね。

MAP

場所 愛知県名古屋市中村区名駅1-2-2

近鉄パッセ6階

営業情報 2022年10月21日(金)オープン

10:00~20:00

定休日:元旦のみ

※変更となる場合があります

公式サイト スタンダードプロダクツ

近鉄パッセ