昭和のやさしい味♪大曽根『朝日屋』の名古屋感あふれるフルーツサンド。

グルメ

近年SNSで写真映えする食べ物としても脚光を浴びている「フルーツサンド」。
いろいろなお店からさまざまな趣向を凝らしたものが登場していますが、名古屋で昔から愛されているフルーツサンドのお店といえば、北区・大曽根にある『朝日屋』です。

店内で手づくりの、小倉あんなど名古屋らしい食材も使用したサンドイッチの専門店。
今回は人気メニューを中心にご紹介します!

大曽根商店街の老舗サンドイッチ専門店

大曽根駅の西にある商店街『OZ MALL(オズモール)』。
この商店街のちょうど真ん中あたりにオレンジ色の庇が特徴の小さな建物があります。ここが「朝日屋」です。

お店の歴史は古く、まだこの場所がアーケード街だった頃からパン屋さんとして営業しているんですよ。
扉を開くと・・・

目の前のショーケースにはずらりと色とりどりのサンドイッチが!
売り切れていることもありますが、だいたい15種類ぐらいのサンドイッチがテイクアウト専門で販売されています。

フルーツだけでなく小倉あんを使った名古屋らしいサンドイッチもあり、それらを含めすべて店内で手づくり。
お値段はおおよそ300円前後とリーズナブルなのもうれしいですね。

購入する際は欲しいサンドイッチを言って、お店の人に裏から取ってもらう形式です。

萌え断(!?)なフルーツサンドの数々をいただきます!

人気のものを中心に6種類のフルーツサンドを購入してみました!!

●『イチゴクリームサンド』(300円)
フルーツサンドといえばやっぱり定番はイチゴですよね!こちらはごろごろのイチゴとなめらかなクリームがサンド。
さらにその間にちらっとミカンが挟まっているのが特徴的です。

●『イチゴ小倉サンド』(320円)
イチゴとクリームに加えさらに小倉あんをサンド。
イチゴの酸味とあんこの甘みがマッチしていて、まるでいちご大福的な感覚を楽しめます!

●『白玉小倉サンド』(280円)
緑色の抹茶風味のパンに、もちもちの白玉と小倉あん、クリームをサンド。
食感が楽しく、和風デザートをそのままサンドイッチにしたような人気の商品です。

●『マロン小倉サンド』(320円)
黒糖パンにあんことクリーム、さらに栗をサンド。
名古屋的かつ黒糖の風味が良い懐かしい味のサンドイッチです。

●『ブルーベリーサンド』(310円)
半分に切ったブルーベリーとクリームをはさんだ断面の見た目が楽しいサンド。
ブルーベリーのぷちぷちの食感が楽しく、爽やかな酸味とクリームがよくマッチしています。

●『キューイサンド』(270円)
オレンジのパンにキウイとみかん、クリームをサンド。
フレッシュな酸味が冴え渡ります!!

おかず系サンドイッチもあります。

朝日屋ではフルーツサンドだけでなく、おかず系の具材をはさんだサンドイッチも販売しているんですよ。

●『トンカツサンド』(320円)
とんかつとキャベツがサンドされた惣菜サンド。
大きな特徴はこんがりとトーストされたパンに挟まれているという点で、ジューシーさが引き立ちます。

****

ほかにもたまごサンドやポテトサンド、季節ごとの旬のフルーツを使ったサンドイッチもあり。
どれも昔ながらのやさしいお味で、濃厚さがなく何個食べても飽きが来ず、思わずリピートしたくなります!
お子様へのおやつにもぴったり!ですが、人気のサンドを中心に売り切れになることも多いので注意してくださいね。

 

※メニューや価格等の情報は2019年2月時点のものであり、変更となる場合があります。

MAP

場所 名古屋市北区大曽根2-11-5
営業時間 8:00〜19:00
定休日 木曜日
公式サイト なし