溶けない葛もちアイス「くずバー」を食べ歩き!『BANSHOJI STAND』大須にオープン。

グルメ 開店

2018/07/16

大須商店街に新たなスイーツ専門店BANSHOJI STANDが、2018年7月14日(土)にオープンしました。

こちらのお店では、少し変わった溶けないアイスくずバーを味わうことができるんです。美味しくてヘルシー、フルーツの栄養価が詰まった新名物をさっそく取材してきたのでご覧くださいませ!

大須の食べ歩き新名物!『BANSHOJI STAND』が誕生。

BANSHOJI STANDがオープンしたのは大須の新天地通り。万松寺ビルの入口付近にある可愛い小屋で新しいスイーツに出逢うことができます。

お店の正面には巨大な白龍のモニュメントがあるので、目印にしてくださいね。

『BANSHOJI STAND』で提供される商品は新感覚アイスくずバーのみ。

お味は【マンゴー/桃/フルーツミックス/みかん/パイナップル(各¥300)】の5種類から選ぶことができます。

まずは暑い季節に人気の果物から実食。

表面は凍っているので「シャリっ」とした食感ですが、そこから先に感じるのはプルンプルンでもちっとした弾力!溶けないアイスの秘密は和菓子の素材葛(くず)を使用していることなんです。

葛に合わせるのはフルーツの果肉と果汁。果実の優しい甘さと香りを活かした葛もちのように仕上がっています。余分な味付けを感じないサッパリした後味なのが嬉しいです。

更に葛は低カロリーで美味しいだけでなく、免疫力の向上・脂肪の蓄積を抑えてくれる等、美容効果も盛りだくさん。フルーツの栄養も摂れるので嬉しいことだらけですね!

溶けないアイスだからお持ち帰りも可能。

くずバーは食べ歩き向けのスイーツではありますが、溶けないからテイクアウトもできるんです。

というわけで残り4種のフレーバーをご紹介!

「溶けないアイス」ですが、美味しい状態で味わうには持ち歩きを1時間以内に抑えるのがベストとのことです。

可愛らしくてちょっとしたお土産にも喜ばれそう。色合いが似ている商品もありますが、テープの色でフレーバーを区別できるようになっています。

マンゴー

トロピカルな香りが鼻を抜け、ゴロっと入ったマンゴーの果肉が嬉しいです。

パイナップル

パイナップル特有、繊維の歯ごたえが◎果肉を噛みしめれば溢れるジューシーさを堪能できます。

みかん

プルンとした葛とみかんの粒々した食感の相性が良く、後に残る軽い酸味が爽やか。

フルーツミックス

桃・みかん・パイナップルが合わさっていて、まさに食べ歩きできるフルーツカクテル。写真映えするだけでなく、お得感もあります。

全体的に各フルーツの素材感を活かしたサッパリした味で、老若男女誰もが美味しいと思う完成度と感じました。完全に凍った状態も良いですが、表面が少し溶けるとプルプル食感が前面に強調されて違った味わいを楽しめますよ。

食べた後にはもう一つのお楽しみが待ってます!

「くずバー」は冷たくて美味しいだけでなく、嬉しいオマケもついています。

お店付近にある万松寺・札処のおみくじ(通常¥100)」を楽しむことができるんです!新感覚スイーツを味わえるだけでなく、こうした遊び心で楽しませてくれるのも素敵なポイントですよね。

大須商店街に誕生したBANSHOJI STAND

営業が不定休ということもあるので、お店の公式インスタグラムアカウントのチェックをオススメします。これから登場する季節の素材を使った新作もいち早く見ることができますよ。

溶けない新感覚アイスくずバーは、和菓子・葛もちとフルーツの魅力が合わさったハイブリッドスイーツとして、暑い時期に食べたくなる名物となりそうです。

MAP

場所 名古屋市中区大須3丁目30-40

※万松寺ビルの付近にて営業

TEL:なし

期間 11:00~19:00

※大須で開催されるイベントに合わせて変動あり。

※不定休

料金 1本¥300(税込)
公式サイト BANSHOJI STAND(Instagram)