パリNo.1パン職人が名古屋上陸!『ゴントランシェリエ』高島屋にオープン。

開店

2015/04/01

名古屋駅前の「ジェイアール名古屋タカシマヤ」1Fに、2015年4月29日(水・祝)、名古屋初出店となるパンのお店『GONTRAN CHERRIER(ゴントランシェリエ)』がオープンしました。

パリNo.1との呼び声も高いパン屋さんがついに名古屋に!ということで早くも大人気。
今回はこのお店のオープンした場所やおすすめのパン、イートインについての情報などをまとめていきます。

「ゴントランシェリエ」ってどんなお店?

「ゴントランシェリエ」は、フランスのパリ18区・モンマルトルに本店をもつブーランジェリー。
三ツ星レストランで修行を積んできたスターシェフが開店したお店で、フランスでは若手ナンバーワンのパン職人といわれているそうです!

オープンした場所は、「ジェイアール名古屋タカシマヤ」の1F・北ブロック。
2015年4月1日(水)オープンの『ギャレットポップコーンショップス』、『クラブハリエ』、『クリスピークリームドーナツ』などとともに、『デリシャスコート』というネーミングのグルメが集まる新フロアを形成しています。

 

「ゴントランシェリエ」のおすすめのパン7選

数多くのパンのラインナップの中から、おすすめのものを紹介していきます!

1. クロワッサン

一番人気はなんといっても「クロワッサン」(180円)!
厚めの生地の一層一層の折り重なりが美しい上に、パリパリとした噛みごたえ。なのに中はふわふわ、しっとりとしていて、まさしく極上!バターの香りも豊かに広がります。

2. 抹茶クロワッサン

抹茶クロワッサン」(290円)は、スターメニューのクロワッサンのパリパリ感はそのままに、西尾産の抹茶とフランス「ヴァローナ」のチョコレートを加えて、大人の甘さが楽しめる、和洋折衷の傑作です。

3. あんバターゆずクロワッサン

こちらは名古屋限定商品「あんバターゆずクロワッサン」(250円)。
名古屋名物小倉トーストから着想を得た、クロワッサン生地にあんを織り込み、さらに柚子のアクセントを利かせた、この名古屋店に来たら必ず購入したい一品です。

4. パン・メロン

このお店のオリジナルメロンパン『パン・メロン』(210円)。
ざくざく生地のメロンパンの中にはなんとクロワッサン生地が!層の重なりとバターの芳醇さがたまりません。
生地の外側にはあられがふんだんにあしらわれています。

5. クロワッサン・オ・ザマンド

クロワッサン・オ・ザマンド』(280円)は、クロワッサン生地に自家製アーモンドクリームを絞り、スライスアーモンドをトッピング。ザクザクしているのに中は超しっとりで、重量感のあるパンが好きな方におすすめ。

6. ショソン・オ・ポム

ショソン・オ・ポム』(260円)はいわゆる”アップルパイ”ですが、アップルフィリングの中にオレンジピールが入っているのがアクセント。りんごの甘みと深い味わい、パイ生地のザクザク感、重量感もあって満足度大です。

7. モンブラン

まるでエッフェル塔のようにそびえ立つタワー型の『モンブラン』(350円)。
クロワッサン生地ながらデニッシュ生地のように柔らかく、さらに中のマロンクリームは濃厚でラム酒が効いた大人の風味です。

 

その他にも自家製酵母を低温で長時間発酵させた『バゲットトラディション』、小麦粉とそば粉をブレンドした定番の田舎パン『カンパーニュ』などもおすすめ。どれもが本格派です!!

 

イートインで手軽にパン&コーヒーも楽しめる!

さらに嬉しいところは、テイクアウトだけでなく、イートインでも手軽にパンが味わえるところ。
もちろんコーヒーや紅茶といったドリンクと一緒に楽しめますよ。

イートインコーナーは店内奥にあり、電源付きのカウンター席もあります。
レジでイートインする旨を伝えれば、トレイにのっけてくれるので、好きなドリンクとともにオーダーすればOK。

JRの桜通口改札からすぐ近くなので、電車を待っている間のちょっとした空き時間に寄ってみたりすることも出来て、利便性大。
名古屋駅地区は人が多く、平日週末ともにカフェがどこも満杯になってしまいがちなので、ちょっとした時間潰しにも使えておすすめですよ!!

MAP

場所 名古屋市中村区名駅1−1−4 JRセントラルタワーズ ジェイアール名古屋タカシマヤ1F
オープン日 2015年4月29日(水・祝)オープン
営業時間 7:30〜21:00
定休日 なし
公式サイト ゴントランシェリエ