nagoya.mプロデュースのフルーツ大福専門店『Mのフルーツ大福』がイオンモール名古屋茶屋にオープン。

グルメ 開店

名古屋市港区のショッピングモール「イオンモール名古屋茶屋」1Fに、『Mのフルーツ大福』が2020年12月4日(金)にオープンしました。

人気インスタグラマー「nagoya.m」さんがプロデュースするフルーツ大福の専門店がいよいよ常設店をオープン。
フルーツへのこだわりと、美しく写真映えする断面が人気の秘訣なんですよ。早速行ってきました!

旬のフルーツにこだわったフルーツ大福専門店の常設店が初オープン。

お店がオープンしたのは、イオンモール名古屋茶屋1Fの屋外にあるレストラン街「ガーデンコート」内。
同日オープンのカフェ『Cafe Rob(カフェロブ)』の店内に併設という形で出店しています。

(※「カフェロブ」の詳しい紹介記事はこちら↓)

ふわしゅわパンケーキを楽しむおしゃれカフェ『カフェロブ』がイオンモール名古屋茶屋にオープン。

お店に入るとショーケースにはさまざまな種類の大福がずらり!

こちらはInstagramのフォロワーが10万人を超える名古屋の人気グルメインフルエンサー『nagoya.m』(@nagoya.m)さんがプロデュースするフルーツ大福のお店。
過去にショッピングモール内のポップアップ店舗や郊外のイベントなどに出店し、1日1,000個以上も販売するという人気ぶり。
常設店として出店するのはこれが初めてです。

nagoya.mさんといえば年間におよそ600店舗以上の情報を発信するグルメ通ですが、中でも強いこだわりを持っているのがフルーツ。

こちらのフルーツ大福は愛知県日進市や名古屋市熱田区の大名古屋食品卸センター内に青果店を展開する『D-MARKET』の厳選された果物のみを使用しているんです。

オープン当初のフルーツのラインナップは、

●紅ほっぺ
●愛宕梨
●ハニーグロウ
●王林
●ゴールドキウイ
●国産キウイ
●ル・レクチェ
●ぐんま名月
●下津みかん

など。
季節によって内容は変わり、価格は1個400円台〜600円台程度。

どれも果物のジューシーさがダイレクトに伝わる味わい!お餅との一体感もバッチリです。

テイクアウトの際のパッケージはこんな感じ。
非常に個性的でかわいらしいですよね。手土産にも良さそう。

また12月7日(月)以降は、フルーツ大福を「カフェロブ」の店内で味わうことも出来ます。
イートインの際は大福があらかじめカットされた状態で提供されるので、美しい”映え”断面を写真に収める楽しみも手軽に体験できるんですよ。

その他のスイーツメニューにも注目!

実はフルーツ大福以外にもさまざまなスイーツメニューを販売しています。

Mのプリン』(480円+税)は、生クリームと卵黄を贅沢に使用した陶器入りのプリン。カラメルソースを注入してビターな味わいに味変します。
季節限定の『モンブラン大福』(580円+税)はスポンジとマロンクリームを包んだ大福にマロンペーストと栗をトッピング!まろやかな味わいがたまりません。

また『ピーナッツMもち』も人気商品。
粗挽きピーナッツをまぶしたお餅の中からとろ〜りとしたピーナッツペーストがあふれ出すのがたまらない!思わず何個も食べたくなります。

さらに今後もフルーツやお餅を使った新しいスイーツメニューも展開予定。楽しみですね!

 

※メニューや価格等の情報は変更となる場合があります。

MAP

場所 名古屋市港区西茶屋2-11 イオンモール名古屋茶屋1F
(「Cafe Rob」に併設)
オープン日 2020年12月4日(金)
営業時間 11:00〜22:00
定休日 イオンモール名古屋茶屋の休業日に準ずる
公式サイト Mのフルーツ大福(Instagram)