めくるめくお菓子の世界を探検しよう!『スイーツ展』名古屋市科学館で開催。

イベント

2018/11/20

まるでお菓子の国を旅しているようなかわいらしくファンタジックな空間の中で、スイーツにまつわるさまざまな秘密を解明していく特別展『スイーツ展』が、名古屋市中区の名古屋市科学館において、2018年11月23日(金)~2019年2月11日(月)まで開催されます。

 『スイーツ展』とは?

「なぜ、スイーツは人々を幸せな気持ちにさせるのか?」をテーマに、スイーツにまつわるいろいろなひみつを楽しみながら解明していくオリジナル展覧会。

会場全体がお菓子の国さながらのかわいらしくファンタジックな世界観で統一され、マカロンタワーやお菓子の家、チョコレートアートのほか、著名のパティシエ達によるケーキのデザイン画なども展示。めくるめくスイーツの世界に浸ることができます。

 8つに分かれた展示エリア

1. お菓子の王国

巨大なキャンディアーチをくぐる旅のはじまり。その先にはお菓子の国のジオラマが待ち構えています。

2. 考える人のチョコレート屋さん

「考える人のチョコレートアート」が中央に展示された空間で、カカオからチョコレートが出来るまでを映像などを用いて紹介。
ショーケースには『パティスリーヴィヴィエンヌ』によるボンボンショコラも飾られます。

3. 魔女のケーキ屋さん

ほうきに乗った魔女のシルエットが映し出された店内に、辻口博啓・小山進・柴田武・石井英美・金井史章・高須聡・菊地賢一・徳永純司・江森宏之ら有名パティシエによる直筆のケーキのデザイン画が展示。
さらに100年近く前のアンティークのお菓子型とその型で実際に作ったスイーツも観ることができます。

4. マルシェ

パリの街角をイメージしたマルシェで、本物のマカロンタワーやパティシエ・辻口博啓のコックコートを展示。
また、スイーツに欠かせない砂糖の“?”をご紹介。

5. お菓子の図書館

外国の図書館をイメージした空間に、お菓子にまつわる絵本やオシャレなスイーツの洋書を展示。

6. どうぶつの森

スイーツデコアーティスト・渡辺おさむが手がけた動物たちのオブジェが集まります。

7. お菓子のおうち

パティシエが考える本物のお菓子の家やミニチュアサイズのお菓子の家が展示されます。

8. 小さなお菓子の世界

人気ミニチュアアーティスト・田中智による小さなお菓子の世界。その精巧さとクオリティに驚嘆してください!

 オリジナルグッズ・コラボイベントも

会場ではこの展覧会のオリジナルグッズも販売。
キーホルダーやアクリルピアス、トートバッグ、モバイルバッテリーやブランケットに至るまで、女子好みのかわいらしいデザインのものばかり。

さらに会期中、丸の内の『カフェ・シャトンルージュ』にて特別なスイーツが提供されるなどのコラボイベントも開催。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

訪れた人がみんな幸せになれる、甘い甘い魅惑の世界を心ゆくまで堪能してみてください。

 

画像引用元:https://www.atpress.ne.jp/

MAP

場所 名古屋市中区栄2-17-1 名古屋市科学館
期間 2018年11月23日(金)~2019年2月11日(月)
9:30~17:00
※入場は16:30まで
※休館日:毎週月曜日(12月24日(月)、1月14日(月)、2月11日(月)は開館)、12月21日(金)、12月25日(火)、年末年始(12月29日(土)から1月3日(木))、1月15日(火)、1月18日(金)
料金 <当日券>
一般:1,400円 高校・大学生:800円 小・中学生:500円
公式サイト スイーツ展