risco10

『THE RISCO』絶品オリジナルスタイルハンバーガーカフェ、東別院にオープン。

開店

2016/04/22

risco10

絶品オリジナルパティと豊富なトッピングを楽しめるハンバーガーが食べられる新たなカフェ『THE RISCO(ザ・リスコ)』が、名古屋市中区・東別院に4月2日(土)にオープンしています。

まだオープンして間もないにもかかわらず、たくさんのお客さんが集まり、かなりHOTなことになっているとの情報を聞きつけ、早速行ってきました!!

● 東別院にオールドアメリカンなおしゃれカフェ出現

risco2

オープンしたのは、大津通沿い、東別院と金山の中間ぐらいの場所。
「キテるカフェ」の必須条件である『おしゃれな外観』、すでにクリアーしてます。看板がキャッチーですね。

risco3

内装も小物遣いと小さな植物の鉢のレイアウトにこだわりが光るオールドアメリカンな雰囲気。
カウンターとテーブル数席の小さなお店ですが、お酒も並んでいたりしてちょっとしたバーのような空気感もあります。

● 豊富なメニューとこだわりのパティ/バンズ

risco1

メインのハンバーガーメニューは10種類。
チェダーチーズとモッツァレラチーズがWハーモニーを奏でる『ダブルチーズ』やアボカドソースが入った『ベジタブル』、デスソース入りの激辛バーガー『ロッソ』など、実にバラエティ豊か。

また、自分の好みのハンバーガーをトッピングとソースを組み合わせてカスタマイズできる『Your Original Burger』もオーダー可能です。

risco4

思わず迷ってしまいましたが、スタンダード(っぽい)かつ、お店の名前を冠したハンバーガーをオーダーしました。
すべてのハンバーガーにはポテト、およびサラダがついてきます。ドリンクセットもありますよ。

risco5

高さ15cmほどの圧巻のボリュームに挟まれた具材は、チェダーチーズ/チリミート/パイナップル/グリルドオニオン/BBQソース、そしてレタスとトマトですね。

特に注目の具材はやはりミートパティ。
実は従来のハンバーガーに多いビーフ100%のお肉ではなく、風味豊かな飛騨牛と、さっぱりとした甘みのある飛騨豚を独自の配合でプラスしたオリジナルパティなのです。

旨味と甘味が効いたお肉が、スパイスやソースとベストマッチに絡み合っていて、最高に美味です!

risco6

さらにバンズにもこだわり、外はサクッと、中はふんわりとした食感で、香ばしく焼き上げられています。
添加物を一切使用していないとのことで、女性にも嬉しいところ。
お味はもちろんのこと、店名が刻まれた焼印が見た目的にも最高にキャッチーですよね!

risco9

相当なガッツリ系なので、大口を開けてがぶりといかないと食べられません!
食べるときは各座席に備え付けられたバーガー袋を使用してくださいね。

ちなみに筆者は食べ始めてからこの袋の存在に気づきました…(汗)
本格的なハンバーガーを食べ慣れていない、土着性の強い田舎育ちのライターですいませんでしたっ!!!

● その他のメニュー/テイクアウトなど

risco7

ハンバーガー以外にも、ロコモコやタコライス、フレンチトーストなどのフードメニューもあり。
コーヒーやアルコール類も提供しており、カフェ的な使い方もできそう。

ハンバーガーはテイクアウトも可能。こちらのfacebookページに記載されている電話番号から注文し、お店に取りに行く形になります。
ただし、テイクアウトできるメニューは限られているのでお店に問い合わせてみてくださいね。

risco11

注意点としては、特にランチタイムにお客さんが集中し、待ち時間が発生する可能性があります。
若干わかりづらいですが、お店の外にボードがあるので名前を書いて待ちましょう。

MAP

場所 名古屋市中区平和1-16-6
期間 2016年4月2日(土)オープン
<営業時間>
火〜土:11:00〜22:00
日:11:00〜17:00
月曜定休
公式サイト ザ・リスコ(facebookページ)