『アピタ東海通店』ドン・キホーテと併合した新業態店として2018年3月リニューアルオープン。

開店 閉店

2018/01/02

名古屋市港区・東海通の商業施設『アピタ東海通店』が2018年1月14日(日)をもって一時閉店、ディスカウントショップ『ドン・キホーテ』と併合した新業態店舗として2018年3月上旬にリニューアルオープンします。

アピタを運営するユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社とドン・キホーテを運営する株式会社ドンキホーテホールディングスは、2017年8月に資本業務提携契約を締結。それに基づき2017年11月にドンキホーテHDはユニー・ファミマHDより保有ユニー株の40%を取得しました。

これを受けて総合スーパー「アピタ」「ピアゴ」の国内6店舗を、ユニーとドン・キホーテ両者の強み・ノウハウを集結させたダブルネームの新業態店舗としてリニューアルオープンさせることを発表。

中部地区では「アピタ東海通店」の他に、豊田市の「アピタ豊田元町」、豊川市の「ピアゴ国府」、三重県桑名市の「ピアゴ星川」の業態転換が決定しています。

経営不振の続くユニーの総合スーパー事業の事実上のテコ入れという格好ですが、アピタ東海通店に関しては向かいの立地に2018年に開業が予定されているショッピングモール『ららぽーと』への対抗策という意味合いも強そうです。

一部報道では大型店「MEGAドン・キホーテ」へ転換すると報じられていますが、ダブルネームの新業態店舗がどのような店舗形態になるのか詳細は不明です。

2018年1月14日(日)18時の一時閉店までは、アピタ直営売場において改装セールを開催。
また館内の一部専門店は1月15日(月)以降も休まず営業を続けるとのこと。

新店舗の名称やリニューアルオープン日など詳細が判明次第、引き続きこのページにてお伝えしていきます。

 

MAP

場所 名古屋市港区港明1-10-28
公式サイト アピタ東海通店