「清正」が「キヨマサ」の祝いに駆けつけた!秋まつり開催中の東山動植物園に出陣!【名古屋瓦版15】

その他

2018/10/30

名古屋を世界の観光都市にするべく、400年前から甦った武士集団、名古屋おもてなし武将隊。
そんな武将が勧めたい、行きたいお店・事柄を不定期でご紹介していく“名古屋瓦版”。

此度はイケメンゴリラ・シャバーニの息子「キヨマサ」が、11月1日に生誕日を迎えるとのことで、我・加藤清正が東山動植物園に赴き、誰よりも早く祝いに駆け付け申した!!

此度も名古屋瓦版⑨回に続き、再び我、加藤清正が東山動植物園に足を運び申した。

名古屋市東山動植物園は名古屋市千種区東山元町に存在。
1937年に開園致し、敷地面積が日本最大級。
飼育動物は日本一の約500種。
またその中に含まれておる絶滅危惧動物の飼育数も日本一となっており、まさしく名古屋が日本に誇る観光施設の1つである。

現在秋まつりの開催に伴い、より多くの民が足を運び賑わっており、最近では世界4大珍獣の1種、コビトカバのミライの来園もあり、勢い増すばかり。

そんな東山動植物園にて常に大人気なのが、新たに出来た新ゴリラ・チンパンジー舎

男前ゴリラのシャバーニが有名であろう。

此度はシャバーニの息子「キヨマサ」が11月1日に生誕日を迎えるとのことで、誰よりも早くこの清正、祝いに駆け付け申した。

この清正、現世においてゴリラのキヨマサとは縁が御座る。
何を隠そう、キヨマサの名前は、儂、加藤清正からとっておる。

キヨマサには、儂の様に逞しき雄に成長して貰いたい。

故に生誕祝いとして此方を用意致した!!

野菜!!

ただの野菜と思うなかれ。どれも儂自らが選びし良質な野菜である。

飼育員殿に託し、祝いの言葉を述べ申した。

キヨマサよ、確り栄養をつけ、誰もが惚れる立派な雄になれ。儂は見守っておる。

皆も更なる成長を遂げしキヨマサに会いに足を運ぶべし。

誠に生誕、祝着至極である。

 

 

さて、

東山動植物園では11月16日~12月2日迄「もみじ狩り」を開催。
11月16日~18日と22日~25日は閉園時間を20時30分迄延長し、紅葉ライトアップも御座る。

また11月の18日迄絶滅危惧動物スタンプラリーを開催中。

此方の参加により、自然や動物の大切さを学び、考えるきっかけに成るであろう。

まだまだ盛り上がる東山動植物園の秋まつり!

足を運び、動物を見て学び、自然を肌で感じ、存分に秋を満喫せよ!!!

 

→名古屋おもてなし武将隊®公式サイト

MAP

場所 名古屋市千種区東山元町3-70 東山動植物園
入園時間 9:00〜16:30(閉園:16:50)
※ゴリラやチンパンジーは時間帯によって見られない場合があります
休館日 月曜日(祝休日の場合は翌平日)
12月29日〜1月1日
料金 大人:500円 中学生以下無料
公式サイト 東山動植物園