東京・大阪で人気を博した“ハガレン”の展示会が名古屋で開催!「鋼の錬金術師展」

イベント

2018/08/21

おかえりハガレン。

2001年8月号から2010年7月号まで連載された、漫画家・荒川弘(あらかわ・ひろむ)氏によるダークファンタジー漫画「鋼の錬金術師」(通称:ハガレン)の世界を、貴重な漫画原画やカラーイラスト100点で振り返る「鋼の錬金術師展」が明日8月22日(水)から栄・マツザカヤホールにて9月9日(日)まで開催されます。

 

ハガレンの大ヒットの記録

「鋼の錬金術師」通称”ハガレン”は月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)にて、全世界シリーズ累計発行部数7,000万部超を記録。2003年と2009年にTVアニメ化、2005年と2011年には劇場アニメが公開され、2017年12月には実写映画が公開されるなど、連載当初から現在に至るまで高い人気を博し続ける大ヒット作品。今月名古屋で行われた世界コスプレサミットでも新しい漫画、アニメ、ゲームのコスプレが登場する中、ハガレンのコスプレイヤーも参加しており根強い人気を誇っていました。

その”ハガレン”が昨年の実写映画化を記念して東京で2017年9月〜、大阪で2017年11月〜展示会を開催。
残念ながら東京・大阪には行けなかった!という方のために巡回展が開催決定!新潟で2018年7月〜、愛知で2018年8月〜、福岡で2018年10月〜にて行われる事になり今回巡回展2会場目となります。

《ご存じない方に… 鋼の錬金術師 ストーリー》

エドワード(エド)、アルフォンス(アル)の兄弟は、幼い頃に死別した母を生き返らせようと、禁断の錬金術「人体錬成」を行うも失敗。代償として弟は全身を失って魂を鎧に宿し、兄は右腕と左足を失い機械鎧(オートメイル)の義手・義足を装着することとなる。元の肉体を取り戻す方法を求めて旅に出た2人は、国全体をのみ込む大きな陰謀に巻き込まれていく。

気になる展示内容は?

巡回展 名古屋会場では昨年9~11月に東京・大阪で開催された同名の展覧会から、漫画原稿に絞って再構成したものです。

音声ガイドはエドとアルの二人

TVアニメ版で主人公エドワード・エルリックを演じた朴璐美(ぱく・ろみ)さんと、弟のアルフォンス・エルリックを演じた釘宮理恵(くぎみや・りえ)さんによる、展覧会録り下ろしの音声ガイド(税込600円)を用意。

ファンなら気になるグッズ、あの時計を一足早く手に入れるチャンス!

展示をしっかり楽しんだ後はお楽しみのグッズショップ。展覧会オリジナルグッズも取り扱っています。

展覧会オリジナルグッズは巡回展公式サイトに掲載されているのですが、おひとり様の購入数量が限定されておりますし、売り切れ後の入荷情報は発表されないという事もあり狙っているグッズがある方はお急ぎ下さい!
また名古屋展開催期間中となる9月1日にはなんと『エドの銀時計 LIMITED EDITION』が販売!実はこの銀時計、9月7日の発売日で現在インターネットショップにて予約を受け付けているのですが一足早く手に入れるチャンスとなります!

諸事情によりグッズは写真でご紹介出来ないのですが、全て巡回展公式サイトに掲載しておりますのでこちらをクリックです!
また細かな注意事項も沢山ありますのでハガレンファンは「俺たちとおまえの格の違いってやつを見せてやる!」(注意/話中の名セリフです)って心意気でルールを守って購入しましょうね。
鋼の錬金術師展 巡回展/公式サイト

=おまけ情報=
入館券をご購入の方、おひとりにつき1枚、ご入館の際に月曜日から日曜日まで、曜日別に4コマ漫画ブックマーカーをプレゼントされます!
全部揃えたい方は…7回楽しみましょう!

MAP

場所 『鋼の錬金術師展』
松坂屋名古屋店 南館8階マツザカヤホール
〒460-8430 愛知県名古屋市中区栄3丁目16−1
期間  2018年8月22日(水)〜2018年9月9日(日)
10:00~19:30 最終日は18:00閉場
入場は各日とも閉場30分前まで。 会期中無休
料金  <入場券>
一般・大学生:1300円(1100円)、中高生1000円(800円)、小学生800円(600円)<音声ガイド付き入場券>
一般・大学生1900円(1700円)、中高生1600円(1400円)、小学生1400円(1200円)※(   )は前売価格
※価格はすべて税込
※未就学児は入場無料
公式サイト 鋼の錬金術師展 巡回展/名古屋 公式サイト
グッズに関しては巡回展全体の公式サイトを御覧ください
鋼の錬金術師展 巡回展/公式サイト