氷上の王子の栄光の軌跡をたどる『羽生結弦展』ジェイアール名古屋タカシマヤで開催。

イベント

2018/07/09

平昌オリンピックのフィギュアスケート男子で見事連覇を果たし、歴代最年少となる23歳で国民栄誉賞を受賞した羽生結弦選手。
その栄光の軌跡を写真や衣装など約200点の展示品と共に辿る『応援ありがとうございます!羽生結弦展』が、名古屋駅前のジェイアール名古屋タカシマヤ10F特設会場にて、2018年7月19日(木)〜7月30日(月)まで開催されます。

10シーズンの写真/衣装およそ200点を展示

フィギュアスケート選手・羽生結弦のこれまでの競技人生を、写真パネルや衣装、スケート靴やメダルなどの展示品とともに振り返る企画展。全国7箇所で開催される大規模展覧会の名古屋巡回展となります。

写真は読売新聞社が撮影した報道写真のパネル約170点を展示。
2008年に全日本ジュニア選手権で初優勝した時から、2018年2月の平昌オリンピックにおいて連覇を達成するまでの10シーズンをカバー。
節目となる大会では当時の見出しや羽生選手のコメントで再構成した記事パネルを作成、流れをわかりやすく展示されます。

また長く羽生選手を追い続けてきたスポーツフォトグラファーの田中宣明氏や能登直氏によるオフショット、写真家・篠山紀信氏が撮影した高校の制服姿のショットなども展示され、世界の頂点に立った選手のプライベートの姿とのギャップも感じられそう。

演技で実際に着用した衣装も展示。安倍晴明になりきった2015年のフリーの衣装をはじめ、いずれもディテールのデザインにこだわったものばかり。一部の衣装にはデザイン画も添えられるため、実際の競技時の写真と見比べて楽しむことも。
グランプリファイナルで4連覇したすべての金メダルも観ることができ、大変貴重な機会となるでしょう。

会場限定品も多数のグッズ販売

会場には展示だけでなく、ファン必見のグッズショップも併設。
「ポストカードセット」(5枚1セット/700円)、「A4クリアファイル」(6種/450円)、「写真集」(2,500円)をはじめ、会場限定商品も多数展開。
一人あたりの購入数に制限のある商品や抽選販売となる商品もあるため注意が必要。
いずれの商品も人気が高いため、出来るだけ会期中の早い段階、早い時間に行って手に入れることが望ましそうです。

初日7月19日(木)の入場について

会期初日となる7月19日(木)の入場のみ、午前9時50分までに名古屋駅中央コンコース「1F中央ブロック桜通側入口」に並んだ方を優先で会場に案内する入場列が設けられます。
詳細はジェイアール名古屋タカシマヤのホームページを参照してください。

 

主催:読売新聞社

 

MAP

場所 名古屋市中村区名駅1-1-4 ジェイアール名古屋タカシマヤ 10F特設会場
期間 2018年7月19日(木)〜7月30日(月)
10:00〜19:30
※最終日は16:30まで
料金 入場無料
公式サイト 応援ありがとうございます!羽生結弦展|ジェイアール名古屋タカシマヤ