ミシュラン認定の讃岐うどん『香川一福』が名古屋初出店。

グルメ 開店

2018/10/14

話題の新たな商業施設「ららぽーと名古屋みなとアクルス」。

これまで名古屋になかった多くの人気飲食店が上陸したことも注目されていますよね。今回ご紹介するのは本格讃岐うどんを味わえる『香川一福』

ミシュランガイドブック東京に2年連続掲載された世界が認めるうどんの詳細をご覧くださいませ。

ミシュラン認定の名店『香川一福』が名古屋初上陸!

『香川一福』がオープンしたのは「ららぽーと名古屋みなとアクルス」の3階にあるフードコート「LaLa Kitchen(ララキッチン)」。

当サイトでも以前お伝えしたように「東京で行列ができる超贅沢な丼ぶり」「名古屋市内で大人気のかき氷やパスタ」を味わえる等、フードコートの常識を変えるほどにハイレベルな店舗が並ぶ空間なんです。

ミシュラン認定と聞くと高級なイメージが湧きますが、『香川一福』が認められたのは安くて美味しいお店を掲載するビブグルマン部門。どの商品もリーズナブルな価格で頂けるんです。

麺の量は【小(200g)/中(300g)/大(400g)】と変更可能。うどんだけでなくセットで天丼やしらす丼、単品で天ぷらもオーダーすることができますよ。

「世界が認めるうどん」を実食!

ぶっかけうどん小(¥480)・生桜海老のかき揚げ(¥200)

オーダー後から10分程待ちますが茹でたて・揚げたての商品を味わうことができます。うどん・かき揚げ合わせて680円(税込)とお手ごろ価格なのが嬉しいですね。

上品な香りが漂い艶々と輝く美しいうどん…『香川一福』の讃岐麺はコシとネバリを一番感じるひやの状態で頂くのがお薦めとのこと。

細目に仕上がった麺ですが、ツルツルと味わってみればモッチモチで強いコシ・弾力を感じる食感。加えて透き通った出汁はサバ節やうるめいわしを使用しているそうで旨味が強く非常に上品な味わいです。大根おろしやすだちで風味を変えても美味しく頂けます。

揚げたてのかき揚げは衣が薄くてサックサク、野菜の水分が絶妙に残された仕上がり。桜海老の香ばしさが更に食欲を湧き立ててくれます。もちろん出汁に浸しても美味しいですよ。

名古屋限定メニューにも注目!

釜玉うどんチーズ小(¥630)

香川一福初の名古屋店ということで開発された限定メニュー「釜玉うどんチーズ」は讃岐うどんなのにイタリアンな商品。一見アンバランスなコラボレーションに思いますが、豪快に混ぜてみれば溶けたバターとチーズ、卵が絡み合いうどん版カルボナーラのような味わい。『香川一福』自慢のコシの強い麺によってパスタでは表現できない強烈な弾力の食感を体験することができますよ。

本来は香川県の特産品でありながらも全国的に愛される讃岐うどん。身近な存在なのにミシュランに認められる香川一福は一度は味わってみるべき逸品です。ちなみに三重県の「ジャズドリーム長島」にも店舗があるので、混雑を避けたい方はそちらに足を運ぶのも良いかもしれませんね。

MAP

場所 名古屋市港区港明2-3-2

ららぽーと名古屋みなとアクルス

3Fフードコート

TEL:052-304-7129

期間 10:00~21:00(L.O.20:30)
料金 ¥500~¥1,000以内

※記事中の表記は税込

公式サイト 株式会社フーズクリエーション

ららぽーと名古屋みなとアクルス