名古屋城の新たな城下町『金シャチ横丁』見どころ&注目グルメを一挙紹介!!

開店

2018/03/28

2018年3月29日(木)にいよいよオープンする名古屋城の『金シャチ横丁』。
名古屋城周辺に新たなにぎわいを創出する商業施設として、特に観光で訪れた方に必ず立ち寄ってほしい施設です。

そこで今回は、金シャチ横丁ってどんな施設なの?という基本的な紹介をはじめ、アクセス、そしておすすめのグルメ店舗までどどんと徹底解剖していきます!現地に足を運ばれる前に必読ですよ!!

「金シャチ横丁」とは?

「金シャチ横丁」は、尾張名古屋のシンボルともいえる名古屋城とその周辺の魅力を向上させ、さらに国内および海外からの来訪者に対して名古屋の魅力を発信することを目的とした施設。

具体的には、「なごやめし」と呼ばれる名古屋名物の食べ物を提供する老舗飲食店や、地元の若手経営者が創作する新しい食文化を提案する飲食店、さらに古くからの伝統工芸品を販売する物販店・お土産物屋が集まり、観光客の方の思い出に残るような場所になっています。

これまで名古屋城周辺の固定の飲食店などは非常に少なかったため、観光の途中で一休みできる場所が増えることによって城周辺での滞在時間が増え、より一層深く名古屋の歴史情緒を感じられそうです。

『義直ゾーン』と『宗春ゾーン』

「金シャチ横丁」の2つの商業施設区域はそれぞれ異なるコンセプトで明確に分けられており、
正門側は『義直ゾーン』、東門側は『宗春ゾーン』と名付けられます。

義直ゾーン

義直ゾーン』は、尾張藩初代藩主・徳川義直にちなんで命名。

伝統的な純和風の街並みをイメージし、建物は名古屋城の築城当時にも使われた木曽の材木を使用しています。
昔から続く名古屋の食を提供し、ものづくり産業の発祥となった伝統工芸に触れる機会を与える情報発信の場ともなるほか、イベント会場などに使用される広場も設けられています。

「義直ゾーン」の場所は名古屋城正門近く。
観光バスの駐車場や市バス/観光ルートバス「メーグル」の停留所から好アクセスとなっています。

<義直ゾーンへのアクセス>
・なごや観光ルートバス・メーグル「名古屋城」下車すぐ
・市バス栄13号系統(栄〜安井町西)「名古屋城正門前」下車すぐ
・地下鉄名城線「市役所」駅7番出口から徒歩10分
・地下鉄鶴舞線「浅間町」駅1番出口から徒歩10分

宗春ゾーン

宗春ゾーン』は、徳川家きっての派手好きで知られる7代藩主・徳川宗春にちなんで命名。

義直ゾーンとは差別化し、モダンなデザインを取り入れた建物で構成されています。
出店店舗は名古屋のこれからを担う若手経営者による意欲的な飲食店が立ち並び、道路に面したテラス席や夜のライトアップなどの特徴もあります。

「宗春ゾーン」の場所は名古屋城東門近く。
地下鉄名城線「市役所」駅7番出口にほど近く、地下鉄でのアクセスが便利になっています。

<宗春ゾーンへのアクセス>
・地下鉄名城線「市役所」駅7番出口からすぐ
・市バス基幹2号系統「市役所」停留所下車徒歩1分

 

金シャチ横丁のおすすめグルメ店舗10選

ここからは、金シャチ横丁の数あるグルメ店舗の中でも特におすすめしたい10店舗をご紹介していきます。

01. cafe diner POP OVER (宗春ゾーン)

BISTRO STEAK T-bone」などを手がける株式会社イデックスが手がけるダイニングレストラン。

マイナス1℃で旨味を凝縮させる氷温熟成ステーキや、自家製パンのポップオーバーなどのメニューを提供。
がっつりと肉を食べたい人から軽めのサンドウィッチやデザートで小腹を満たしたい人まで幅広い需要に対応。

またイチゴ味の鯱型クッキーが目を引くイチゴパフェ『金シャチパフェ デ ゴザール』や、忍者の顔をモチーフにしたソフトクリーム『忍者アイス』などのフォトジェニックなスイーツも見逃せません。

02. vegitable cafe & seafood bar saien (宗春ゾーン)

ランチからディナーまで、オーガニック野菜や毎日市場で仕入れるシーフードなどを用い新鮮さとヘルシー志向にこだわったレストラン。

店内で食べられるのは、複数種類のオーガニック野菜を細かく刻んで味わえる「チョップドサラダ」。カスタマイズも可能です。

また食べ歩き用として写真映えバッチリな『金シャチ横丁ソフトクリーム』も販売。
愛知産牛乳を使用したソフトクリームに贅沢に金箔を使用。思い出に残ること間違いなしです。

03. 十代目儀助 (義直ゾーン)

株式会社知多善が運営するお酒に特化したアンテナショップ。
日本酒・梅酒などのラインナップはすべて名古屋、愛知、そして名古屋城に関連した銘柄で揃えられています。

また店内で有料試飲が可能となっており、おすすめのお酒の中から自分好みの一杯を見つけるのに役立ちそう。

お酒だけでなくおつまみや発酵食品などのフード類も販売。
全国でも有数の製造量を誇る愛知県の日本酒をPRしていく拠点として機能していきそうです。

04. 那古野茶屋 (義直ゾーン)

名古屋城とも縁の深い老舗・両口屋是清がプロデュースする新ブランドの和カフェ。

那古野茶屋のみで味わえるお餅とドリンクのセットをはじめ、あんみつ・わらび餅・ぜんざいなどの甘味メニュー、軽食などを提供。

また両口屋是清ならではのラインナップの名古屋土産の販売や、食べ歩き用に抹茶/きなこなどのソースを付けて食べる「団子ファウンテン」などユニークなメニューもあります。

05. 尾張那古野 天丼 徳川忠兵衛(義直ゾーン)

愛知県産の野菜や魚介など地産地消にこだわった天ぷら・天丼を提供する専門店。

自家製赤味噌ダレがかかった「味噌天丼」や海老天がたっぷり入った「海老三昧」、天ぷらやかき揚げに加え刺身や茶碗蒸しなど贅沢に楽しめる御膳「那古野金鯱御膳」などのメニューがおすすめです。

06. 矢場とん (義直ゾーン)

名古屋めしの代表格の1つ「味噌かつ」の老舗。
創業当時の味を守り続ける天然醸造の豆味噌を使用した秘伝の味噌だれが自慢。

名物「わらじとんかつ」「鉄板とんかつ」「ひれとんかつ」などのメニューが御膳スタイルで提供されるほか、限定メニューとして金箔ののった『黄金みそかつ』が味わえます。

07. 山本屋総本家 (義直ゾーン)

創業90年以上の名古屋名物「味噌煮込みうどん」の老舗が金シャチ横丁にも出店。

赤味噌と白味噌のバランスの取れた味噌だしと独特のコシのあるうどんはまさしく郷土の味。
金シャチ横丁店限定で「金シャチ煮込うどん」「金シャチきしめん」を提供。

08. ひつまぶし 名古屋備長 (義直ゾーン)

名古屋名物「ひつまぶし」の専門店。備長炭で香ばしく焼き上げた鰻をたまり醤油を使ったタレで美味しく頂けます。

限定メニューとして絢爛豪華な『金シャチひつまぶし』が味わえるほか、テイクアウトメニューとして『鰻いなり』を販売。

09. えびせんべいの里 (義直ゾーン)

海の幸の香りとパリッとした心地良い食感が楽しめる名物「えびせんべい」の販売店。

店内では数多くの種類のえびせんべいを自由に試食しながら、袋に詰めてはかり売りのスタイルで自分好みの味をチョイスして購入することができます。

10. SHIROMACHI GRILL (宗春ゾーン)

スーパーフードや野菜を使ったヘルシーなスローフードを楽しめるイタリアンバル。

グルテンフリーのパスタやライ麦粉を使用したピッツァ、スーパーフードのサラダなど健康志向の高い人に嬉しいメニューが充実。
さらに地元酒蔵の日本酒を使ったカクテルも提供されます。

出店テナント一覧

これ以外にもまだまだ人気の名古屋めしのお店やお土産物屋さんが盛りだくさん!
詳しい店舗一覧は以下の通りです。

◆義直ゾーン

店名 ジャンル 運営会社等・備考
十代目儀助 地酒販売 株式会社知多善
山本屋総本家 うどん/きしめん
鳥開総本家 名古屋コーチン
ひつまぶし 名古屋備長 ひつまぶし
矢場とん 味噌かつ
名古屋とうふ 河口 味噌田楽/豆腐 株式会社河口商店
尾張屋 粕漬/漬物
那古野茶屋 和カフェ
えびせんべいの里 えびせんべい
尾張那古屋 天丼 徳川忠兵衛 天ぷら/天丼
スギモト尾張牛鍋店 牛鍋
なごみゃ 物販店 ㈱名鉄協商

◆宗春ゾーン

店名 ジャンル 運営会社等・備考
SHIROMACHI GRILL イタリアングリル ㈱柳橋総合開発
あんかけ太郎 あんかけスパ ㈱ヒライワ
ポークレストラン岳家 豚肉料理 ㈱ラインドライブ
フジヤマ55 ラーメン/つけ麺
vegetable cafe & seafood bar saien サラダカフェ N@BEYAグループ
創作串揚げ つだ 串揚げ
cafe diner POP OVER ビーフダイニング ㈱イデックス

 

場所 <義直ゾーン>名古屋市中区三の丸1-2-3〜5
<宗春ゾーン>名古屋市中区二の丸1-2・3
オープン日 2018年3月29日(木)オープン
営業時間 <義直ゾーン>10:30〜名古屋城閉門時間より30分後まで
<宗春ゾーン>10:30〜22:30
定休日 名古屋城の休業日に準ずる
公式サイト 金シャチ横丁