長者町に名古屋初出店の『ゆで太郎』がオープンしてる。

グルメ 開店

2018/03/29

中区錦二丁目・長者町通沿いの交差点角に、名古屋初出店となる立ち食いそばチェーン店『ゆで太郎 名古屋長者町店』が、2018年3月28日(水)にオープンしました。

突然街に出現した青い看板に近隣のサラリーマンたちは騒然!
それもそのはず、ぼくらの街に関東圏でしか見ないような立ち食いそば屋さんが急にやってきたのですからー!!

そんなこんなで、てんやわんやでそこそこ混んでたオープン初日に行って早速食べてきましたー!

江戸切りそば「ゆで太郎」名古屋1号店が長者町に!

「ゆで太郎」は関東地方を中心に店舗展開する立ち食いそばチェーン。
近年ぐんぐん業績を上げており、店舗数を着々と増加させ、「名代 富士そば」「小諸そば」といったチェーン店にも並ぶ存在感を見せているんですね。

ちなみにゆで太郎は「信越食品株式会社」が運営する店舗と「株式会社ゆで太郎システム」が運営する店舗の2種類に分かれるのですが、名古屋長者町店は後者の「ゆで太郎システム」が運営する店舗のようです。
メニューはゆで太郎システムの公式サイトを参照してみてくださいね。

オープンした場所は長者町通と袋町通が当たる交差点の角。以前は「サークルK」だった場所です。

ところでお店の上についてる花柄の看板、ビルの2Fにあるテナントのものだと思いますが、なんだかめっちゃマッチしてないですか〜!?偶然とは思えません。

お店に入ったら、入口近くの券売機で食券を購入する形式。
食券をお店の人に渡して好きな席に座って、食券の番号が呼ばれたら自分で取りに行くシステムです。

店内はセパレートタイプの6人座れるカウンターが窓にそって6個、奥の方に4人ぐらい座れるテーブル席もあり、結構席数多めです。
立ち食いそば屋といっても実際には立ち食いではないのでゆったりしたい方にも安心ですよ。

お得な日替わりセットをいただく!!

で、初めてだしメニューの種類意外に多いしでどれを注文しようか迷ったのですが、
ここは見るからにイチオシっぽい『日替わりマル得セット』を注文してみます。

これはおそば(温/冷)に加え、月曜日から金曜日まで日替わりで丼物やカレーなどがセットになって500円!という超お得感大なセットなんですね。

今回は冷たいもりそばにしてみましたー!
さらに水曜日のセットメニュー『ミニ海老天丼』がついてきましたよ。

ゆで太郎の自慢はなんといっても麺なんです。
全て店内で打っている自家製麺で、挽きたて・打ちたて・茹でたての三たてにこだわっています。
そば粉の配合比率は55%ということですがなかなか良い食感がします。

「ミニ海老天丼」は海老二本、ナス、ししとうの天ぷらがのった天丼です。
海老もなかなか衣がふんわりとしてよかったのですが、個人的にはナスが結構サイズ感があって好みでした!

*

今回はセットをいただきましたが、おそば単品だと温かいかけそば、もしくは冷たいもりそばが一杯320円と非常にリーズナブル。コストパフォーマンスとしてはとても満足いくものだと思います。
また朝7:00〜11:00までは限定の「朝そば」なども提供しており、モーニング需要も満たしてくれますよ。

またここからは個人的な感想なのですが、
名古屋はうどんやきしめんの文化が根強いので、関東の街の手軽な立ち食いそば屋は入り込む隙がなく、今までもこれからも出店することはないのだろう…と勝手に半ば諦めていたのですが、ここに来て状況が変わった感じがしました。
これは固く閉ざされた岩戸を開く第一歩になるかもしれません。今後のそばチェーンの進出にも期待大です!

 

※あかつき様 情報提供ありがとうございました!!

MAP

場所 名古屋市中区錦2-5-28
オープン日 2018年3月28日(水)
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
公式サイト ゆで太郎(ゆで太郎システム)