高級生食パンを味わいつくすカフェ。中村区『MASA cafe』

グルメ 開店

2019/04/04

名古屋市中村区の「中村日赤」駅近くに、新しいベーカリーカフェ『MASA cafe(マサカフェ)』が2019年3月5日(火)にオープンしました。

日本じゅうでブームとなっている「高級生食パン」の専門店であるとともに、その食パンを使ったオリジナルトーストメニューも店内のカフェで味わえるハイブリッドなお店。
早速盛況になっているという情報を聞きつけ、自慢の食パンを味わいに行ってまいりました!!

素材にこだわった食パン専門店×カフェ

地下鉄「中村日赤」駅1番出口から徒歩3分。住宅街の中に突如として現れるカフェ。

駐車場も完備されているので車でも行きやすいですよ。

木目を基調としたおしゃれな内装の店内は、焼き上がったばかりのパンのいい匂いが。
オープンキッチンの見えるカウンター席や、外に向いた窓辺の2名がけの席、奥の方にはテーブル席もあってさまざまな用途で利用できそうです。

入ってすぐのレジカウンターでオーダーして、席まで持ってきてもらう形式。
食パンの購入もレジカウンターで行います。

この店の売りは、店内製造のオリジナル食パン・「正(まさ)」食パン
北海道産の小麦と牛乳、国産無塩バター、国産はちみつを使用し、完全無添加で体にもやさしい食パンです。

焼き上がり時間は11時〜18時まで1時間ごとに焼き上がり、予約優先での販売となっています。

チーズたっぷりのオープンサンドを味わう!

カフェで味わえるのは自慢の「正」食パンを使ったオープンサンド
今回いただいたのは『チーズグラタン』(580円)です。

コーヒー(400円)も一緒にオーダーしてみましたー。

ベシャメルソースととろ〜りとしたモッツァレラチーズがたっぷりと乗ったグラタン風トースト。

パンはトーストされて縁がカリッとしているのに、中のふわふわモチモチ感はそのまま!
さすがは食パン専門店だけあって焼き具合も素晴らしいです!

ドリンクをオーダーするとついてくるこちら、いったい何かと思ったら・・・

カリカリのラスクでした!甘くてコーヒーにもぴったりです。

オープンサンドは他にも『アップルシナモン』『いちご』『ピザトースト』などのメニューがあり、
食パンを生もしくはトースト(バター/はちみつ付き)でいただけるシンプルなメニューも提供されています。

さらに開店の8時から11時までは、ドリンク代のみでパンとサラダ、卵がついてくるモーニングも楽しむことができますよ。

耳しっかり中ふんわり。「正」食パンをお家で味わう!

せっかくなので「正」食パンを購入してお家でもいただいてみましょうー。
お値段は2斤で800円です。

ちなみに今回は事前には予約していなかったので、お店で直接次の焼き上がり時間の分を予約して、焼き上がりまでカフェで待って購入しましたよ

まずは生でいただきます。
ものすごくモチモチ!舌に残るなめらかさと小麦の味わいがとても印象的。
さらに耳がすごくしっかりしていてパリッとした食感です。

トーストしてみると、耳パリがより顕著に!!
中のふわふわさはそのままで、お店と同じ味わいがお家でも再現することができましたよ。

食パンは常温で3日間保存が可能。
なかなか食べごたえがあるので朝でも夜でもいろんな時間においての食事にぴったり。食パン好きならチェックしないわけにはいきませんよ!!

 

※メニューや価格等の情報は2019年4月時点のものであり、変更となる場合があります。

MAP

場所 名古屋市中村区藤江町3-132
オープン日 2019年3月5日(火)
営業時間 8:00〜18:00
定休日 月曜日
公式サイト MASA cafe