尾張名古屋の浪漫に浸る日本料理店『新日本料理 宗春』名古屋駅前にオープン。

グルメ 開店

2017/12/27

名古屋駅の東・名駅四丁目に新たな日本料理店『新日本料理 宗春』が2017年11月22日(水)にオープンしました。

江戸時代の偉人の名を冠する日本料理店

「宗春」の名は江戸時代の偉人・徳川尾張藩7代藩主「徳川宗春」の名から取られています。
重厚な質感の扉の先には、現在の名古屋の基礎をつくりあげたと言っても過言ではない宗春が、もし現代に生きていたならばこんな空間を好んだのではないか_という想像を張り巡らせたような空間が広がります。

席は個性あふれる個室4室のみ。
それぞれのお部屋は独立感が高く、ビジネスにも、プライベートにも、周囲のお客様の顔や会話を気にすることなく、ゆっくりと会食を楽しむことが出来ます。

個室は4名/6名を収容。6名の部屋は2部屋をひとつにして12名での利用も可能です。
名古屋駅の開発が進み、名古屋城本丸御殿の復元や「金シャチ横丁」のオープンなどでいっそう盛り上がっていく名古屋を象徴し、名古屋文化を発信する場としての役割も担っていきます。

 

既成概念にとらわれない「新日本料理」の数々

宗春で提供されるのは日本の料理の枠にとらわれないさまざまなエッセンスを取り入れた「新日本料理」の数々。
昼と夜でそれぞれ違った料理が提供されます。

(昼のメニュー)
◆蕎麦会席 3,980円 6品
◆しゃぶしゃぶ会席 5,800円 5品

(夜のメニュー)
◆季節の会席 8,000円〜 9品
◆しゃぶしゃぶ会席 10,000円 8品
◆国産黒牛フィレステーキ会席 15,000円 8品

各種宴会での利用、家族や大切な人との特別な時間を過ごす場としての利用や、名古屋に訪れる観光客の方が尾張名古屋の世界観に浸る場としてもおすすめしたいです。

MAP

場所 名古屋市中村区名駅4-16-24 名駅前東海ビル1F
オープン日 2017年11月22日(水)
営業時間 11:30〜15:00/17:00〜23:00
公式サイト 新日本料理 宗春