刈谷駅前『大衆餃子酒場 NOBORU』で新感覚の肉汁餃子とともに一杯【ラガー大びんの似合う店20】

その他

2017/12/27

刈谷駅前に店舗を構える『大衆餃子酒場 NOBORU』。
この店ではこれまでの餃子とは一線を画した、肉汁あふれるモチモチの餃子が楽しめます。
キリンラガーとの相性も抜群。仕事帰りに仲間たちとの団欒の時間を過ごすにはうってつけのお店です。

刈谷駅前に誕生した餃子が自慢の大衆酒場

近年発展が著しい刈谷駅前。
自動車産業が支えるこの街にも夕刻を過ぎれば仕事を終えた人々があふれ出す。

そんな刈谷駅の北側に店舗を構えるのが「大衆餃子酒場 NOBORU」。
煌々と照らされた明かりに引き寄せられ入ってみると・・・

昔ながらの大衆酒場のイメージを残しつつ、清潔感のある店内。
老若男女問わずワイワイと酒と料理を楽しむのにはうってつけの雰囲気だ。

 

肉汁あふれる餃子とともに一杯

店の看板メニューはこの『焼き餃子』。
パリパリに焼かれた表面の焦げ目の質感がまぶしいほどだ。
しかしながらこの餃子、中身は一般的な餃子とは一線を画している。

普通は餃子は餃子のタレにつけて食べるものだが、この店では酢とコショウをつけて食べる。
その理由は餃子の中身に隠されていた・・・。

まるで小籠包のように中からあふれ出す肉汁と、その餡の肉肉しさ。
この豪快かつ濃厚な肉汁の旨味をさわやかに包み込む酢とコショウがベストマッチなのだ。
餃子のタレをつけて食べるという固定観念を大きく覆すさっぱりとした餃子の楽しみ方を提案してくれる。

こちらは焼き餃子と並んで人気の『水餃子』。
ポン酢とごま油を混ぜ合わせたものをつけて食べる。
分厚い皮の弾力がより感じられ、肉肉しさはそのままによりとろんとしたなめらかな口当たりを楽しめる。

豊富なサイドメニューの中でも一押しの品が『肉豆腐』。
豚の角煮と豆腐を味噌で煮込んだインパクトのある黒いルックス。
とろけるように柔らかい角煮に染みた濃厚な味噌の旨味は、愛知県民なら納得の一品だ。

そして忘れてならないのはキリンラガービール。
肉々しい料理にも濃厚な味付けの料理にも合うインパクトのある喉越し。
寒い夜にも仲間たちと杯を交わす団欒の時間があれば、心はいつもあたたかい。

 

◆取材協力/キリンビール株式会社

MAP

場所 愛知県刈谷市桜町1-17-13 1F
営業時間 16:00〜23:30(L.O.23:00)
定休日 日曜日