岐阜の人気スープカレー専門店『NOT CURRY』の2号店が瑞穂区・石川橋にオープン。

グルメ 開店

瑞穂区・石川橋に新たなスープカレーの専門店『NOT CURRY(ノットカレー)』が、2020年3月12日(木)にオープンしました。

岐阜県岐阜市にある独特のスープの味で多くのファンを魅了する人気店が名古屋に上陸。

そのお味を確かめるべく早速足を運んでみたので、レポートをとくとご覧あれ。

カレーではない!? スープカレーの人気店がついに名古屋上陸

店舗がオープンしたのは石川橋交差点近くにある、中華料理店などが入居する「石川橋ガーデンプラザ」の1F。

車で来店する場合は、建物の南の裏手に位置する提携パーキングに駐車すると、会計金額によりサービスを受けることが出来ます。

店内は広々としたゆとりある空間で、奥にはキッズスペースも完備。

壁面には【カレーじゃねえし。】の文字が。
店名の「not curry(=カレーではない)」と共に、提供されるメニューの独自性へのアピールが非常に強く感じられます。

メニューのオーダー方法

ここからはスープカレーのオーダー方法を順を追ってご紹介。

まずはベースのスープカレーを

●ノーマルスープカレー(800円+税)
●野菜たっぷりスープカレー(1,000円+税)

からチョイス。

次にトッピングをお好みで選びます。

+50円のバターやコーンなど軽いものから、+450円のジューシー揚げチキンのようなガッツリなトッピングまで選択肢は多様。

辛さを0〜7までの8段階からチョイス。
3辛までは無料。

最後にごはんの量を選びます。

魔法のスープの味わいはいかに?

今回いただいたのは『野菜たっぷりスープカレー』+『ゆで卵』トッピング。

「ノーマルスープカレー」はかぼちゃ・なす・じゃがいも・にんじん・キャベツ・ピーマンの6種入りなのに対し、
「野菜たっぷり」はそれに加えさつまいも・かぼちゃ・ヤングコーン・ブロッコリー・ごぼう・きのこ・パプリカが加わっている模様。

野菜は基本的に素揚げされており、ゴロゴロと大粒なのにやわらかくホクホクとした食感。

そして”魔法のスープ“と呼ばれる自慢のスープを一口。

とにかく野菜の甘みが非常に色濃く滲み出ている印象。
それにも関わらずスパイスの辛さが表裏一体で顔を出し、他にはない独特の味わいであることは誰もがうなずけるところでしょう。

バラエティに富むトッピングを試してみようとオーダーしたのがこちら。
ノーマルスープカレー』+『手ごねハンバーグ』+『チーズ』+『ゆで卵』。

ごっそりと大きなハンバーグは非常に密度が高くしっかりした弾力が楽しめる上、スープがよくしみこみます。
チーズとの相性も非常に良い感じ。

トッピングの組み合わせは自由自在なため好みに合わせたカスタマイズが楽しそう。
また辛さレベルを上げることでスープの味わいもより深みが増しそうですね。

オープン直後の現在はランチタイムのみの営業ですが、ゆくゆくはカフェタイムやディナータイムの営業も開始するとのことです。

 

※メニューや価格等の情報は変更となる場合があります。

MAP

場所 名古屋市瑞穂区上山町1-16 石川橋ガーデンプラザ1F
オープン日 2020年3月12日(木)
営業時間 11:30〜14:30
定休日 火曜日
公式サイト NOT CURRY(Instagram)