円頓寺・四間道のうなぎ店『しば福や』でうな丼&ひつまぶしをいいとこ取り!?

グルメ

土用の丑の日にうなぎを食べるのは定番中の定番!夏バテ/熱中症対策にもなりますし、価格が高騰してはいるものの、夏の間に一度は必ず食べたいですよねー。

そこで今回ご紹介するお店は、名古屋市西区・四間道にある『うなぎ家 しば福や』。
昨年2018年にオープンしたばかりのお店なんですが、評判が評判を呼びまさにお店の人気は”うなぎのぼり”!!

うな丼やひつまぶしといった定番メニューだけでなく、優柔不断な性格の方にもおすすめのなかなかユニークなメニューもあるんですよー。

名店「うな富士」の技を受け継ぐ和モダンなうなぎ店

お店があるのは地下鉄「国際センター」駅2番出口から徒歩およそ5分、江戸時代から続く歴史情緒あふれる界隈『四間道(しけみち)』の一角。
人気のカフェ『カフェ ド リオン』のおよそ20mほど北にあります。

古民家をリノベーションした和風の店構えで、街並にもよく溶け込んでいます。

店内は上品で洗練された和モダン空間。1F席と2F席があり、カウンター席もあるので1人でも気軽に利用できます。

名古屋市昭和区にあるうなぎの超名店『うな富士』でおよそ15年修行を積んだのち独立した店主が立ち上げたお店で、丁寧な焼きとこだわりの自家製ダレで熟練の技を見せてくれます。

2018年5月のオープン以降テレビや新聞などのメディアにもたびたび登場。2019年には「ミシュランガイド」にも掲載されいよいよ人気はヒートアップ。
混雑することが多いので、確実に食べたい場合は事前に予約するのが無難でしょう。

料理メニュー

「うな富士」の技を受け継ぎ仕上げられた料理メニューは定番から少し変わり種のものまで豊富なラインナップしています。

大満足の定番メニュー「うなぎ上丼」を味わう

まずご紹介するのはうな丼の中でももっともランクの高い『うなぎ上丼』。
お吸い物、お漬物付き。

某バラエティ番組でマツコ・デラックスさんも食べて絶賛していたこのお店を代表するメニューです。

まず見た目からしてその肉厚感に思わず圧倒されます!

食べてみると皮の部分が非常にカリッとしていて中はふっくらとやわらか〜いというまさしく理想的な蒲焼の食感が味わえます。

タレは甘みがありつつさっぱりとしたお味でしっかり染み込んでいるのが特徴。
脂も少なすぎず多すぎずバランスが良く、上品です。

ごはんの下の方にも少量のうなぎが隠れているので満足感大ですよ!

ちょっとしたことですがお吸い物に入ってるお麩に「」の文字が!
なんだかいいことありそうな感じがしません??

イイとこ取りのわがままメニュー「まぶしば丼」

そしてこのお店で食べられる非常にユニークなメニューがこちらの『まぶしば丼』。
うなぎ丼と同じくお吸い物、漬物に加え、お出汁と薬味がついてきます。

どうユニークかというと・・・

どんぶりの中にはなんと細かく刻まれたひつまぶしタイプのうなぎと、シンプルな蒲焼の両方がのっています

うなぎ屋さんに来るとガッツリうな丼でいただくか、名古屋的にひつまぶしでいただくか迷ってしまうことありませんか??
観光客の人であれば尚更迷いがちですよね。そんな悩みを解消してくれる”イイとこ取り”なメニューなんです。

両方のってお得感があるにもかかわらず、比較的リーズナブルな価格なのもうれしいポイントですよ。

ガッツリ肉厚で外カリ・中ふわの蒲焼といただくとともに・・・

お椀にごはんとうなぎを取り分け、薬味とお出しをかけてひつまぶし風に食べることも出来てしまうんです。
意外に今までありそうでなかったメニューですよねー。

****

今回ご紹介した以外にも、肝焼き、うざく、うまきといった定番の一品料理から、白焼きうなぎを塩とブラックペッパーで仕上げたオリジナルメニュー『スタミナまぶし』やスペイン料理風に仕上げた一品料理『肝のアヒージョ』などユニークなメニューも展開。

さらには日本酒、焼酎、ワインも取り揃えているのでお酒とともにおしゃれに楽しむのもありですよ。

四間道を散策に来た観光客の方にもおすすめ。
ぜひともスタミナをつけて暑い夏を乗り切ってくださいね!

 

※メニューや価格等の情報は2019年7月時点のものであり、変更となる場合があります。

MAP

場所 名古屋市西区那古野1-23-10
営業時間 11:30〜14:30(L.O.14:00)/17:30〜20:30(L.O.20:00)
定休日 火曜日 第2/第4水曜日
公式サイト しば福や