大きなネタの寿司を求めて殺到中。『梅丘寿司の美登利総本店』が東海初出店!

開店

2017/05/04

まもなくJRゲートタワーの開業より1か月が経とうとしています。

東京に本店を置く数多の人気店が名駅に集う中で…

職人さんが握ってくれる大きなネタが特徴の江戸前寿司を気軽に楽しめる名店『梅丘寿司の美登利総本店』も毎日多くの方々が殺到しているのです。もちろん本店でも行列ができている人気店ですよ。

通いたくなる必食メニュー、コストパフォーマンスの高さに驚いてしまう魅力を中心に調査してきました!

東京で行列ができる『寿司の美登利』が東海初出店!

『JRゲートタワー』の開業によって勢いが止まらない名駅エリア。

東海・名古屋初出店された飲食店が多く立ち並ぶ中で、今回ご紹介させて頂く『梅丘寿司の美登利総本店』も見逃せない名店です。

 

電話予約は受け付けていませんが、レストラン順番受付システムのEPARKでチケットを発券した後はゲートタワー内を自由に散策できますよ

状況にもよりますが、長くて2時間~2時間30分、短ければ30分~1時間ほどの待ち時間だそうです。

 

単品で注文することもできますが、お薦めしたいのは値打ちなセットメニュー!

店員さん曰く、その中で特に人気なのが『超特選握り』『板さんおまかせ握り』とのことです。

 

両コースには具だくさんの茶わん蒸し、カニの旨味をたっぷり味わえるサラダが付きます。

 

■超特選握り(¥2,000)

トロ・雲丹・いくら・ズワイガニ・大海老・穴子など…押さえておきたい高級ネタが揃い踏みしており、具材も大きいのでコストパフォーマンスはかなり高いのではないでしょうか。

 

気になる方も多いであろう産地表記は入荷によって異なりますが、常に店内で掲載されています。

本店が築地から直送されるネタをウリにしているのと異なり、愛知が鮮魚の宝庫であることを実感させてくれるラインナップですね。

寿司以外にも一品料理が揃っているので、お酒を楽しみたい方にもおすすめですよ。

 

お醤油は寿司の美登利オリジナルで、カツオの出汁が効いた薄口の仕上がり。

シャリ用のお米は全て山形はえぬき米を使用しているとのことです。

 

■板さんおまかせ握り(¥2,800)

超特選握りに大トロ、赤貝、子持ち昆布、帆立小柱などが加わり、より豪華になった一皿。

提供された時は思わず見とれてしまうくらいに圧巻…「ご馳走」という言葉が相応しいですね。

 

とても一口では頬張りないサイズの穴子!

箸で簡単に切ることができるくらいにふわふわ、もちろん口に含んだ時の食感は堪りません。

寿司の美登利の中でも名物と呼ばれる存在なので、必ず味わっておきたい逸品と言えるでしょう。

 

美しい大トロは脂の旨味・甘みをしっかり感じます。

穴子が大きすぎるので目立ちにくいですが、どのネタも普通のお寿司屋さんと比較して分厚く・大きいもので握られていますよ。

 

お味噌汁は名古屋に合わせて赤だしを提供。ちなみにこちらはおかわりも頂けますよ。

全ての握りは一貫から単品で注文することもできるので、お腹に余裕があればセットメニューに好みの握りを追加するのも良いでしょう。二軒目として利用をされる方にもおすすめです。

 

■びっくりすじこ(¥400)

名前負けしない豪快さ!噛みしめる度にプチプチする食感が堪りません。

こちらは瀬戸内産の海苔を巻いて頂くのですが、あまりのボリュームに食べるのが一苦労…口いっぱいに頬張った瞬間きっと幸せを感じることでしょう。

 

■大名さば(¥150)

少量の酢飯に大きなさばの切り身の組み合わせが評判の人気商品。青魚が苦手な方にもファンがいらっしゃるようです。

 

板さんおまかせ握りにはデザートも付いてきます。

コースによってデザートが付かないものもあるのでご注意ください。

寿司の醍醐味、カウンターもお気軽に。

寿司屋の醍醐味はやはりカウンター席ということで別の日にも訪れてみました!

店頭の受付では【テーブル席】【カウンター席】【どちらでも】の3つから選んで予約することができますよ。

 

ショーケースの中には新鮮なネタがズラリ。

板前さんとの会話を楽しみながら、気になったものやお勧めのネタを頂く…。価格設定もお値打ちなのでカウンター寿司が未経験の方でも気兼ねなく楽しめることでしょう。

 

この日は『ひだまり(¥2,500)』のセットをオーダー。

小鉢の内容は日によって異なります。

こちらはあん肝ポン酢和え。丁寧に作られていてお酒のつまみとしてもうってつけです。

 

カウンター席での特徴は皿盛りでの提供ではなく、板前さんが用意できたものから握りたてを順に用意してくれます。

子持ち昆布・鯛

板前さんが握った新鮮なネタの寿司をカウンターで…。多くの方から「回転寿司並みの価格なのにありえない」という評判なのです。

 

大トロ・中トロ

艶やかに光るトロの美しさ…贅沢に分厚く切られています。

 

赤貝・ズワイガニ

「この価格で!?」と驚くくらいに高級ネタのオンパレードです。

 

大赤海老

食べ方に戸惑うくらいに大ぶりな海老。プリッとした食感が最高ですよ。

 

いくら・雲丹

単品でオーダーした場合はこの二貫で650円。やはりセットでのオーダーにプラスして、その後は好みの握りを追加するのがおすすめです。

 

穴子明太きゅうりのせ

丁寧に仕事がしてあります。一見すると邪道と思いきや、明太子の風味が上手く組み合わさっていますよ。

 

コースはここまで。

気になったものを追加オーダーしてみました。

■とびっこ(¥50)

単品の握りは一貫50円から。まさに回転寿司レベルの価格で恐れ入ります…テナント料のことも考えると破格としか言いようがありませんね。

 

■まぐろすじ(¥50)

こちらも驚きのお値段。だからといって品質が悪いということは決してありませんよ。

 

■炙りサーモン(¥150)

火を入れることで旨味の詰まった脂がとろけていく口当たりを堪能できます。

 

その他にも特上握り(¥1,600)、ヒカリものづくし(¥750)などの握りセット、ちらし寿司も提供されていますよ。

これからも待ちは必至!

店頭ではお持ち帰り用の寿司も取り扱っています。

店員さんに確認したところ、ショーケースの中は夜の8時ごろにタイムセールで値下げされるとのことです。

ちなみに現在はランチメニューはありませんが、東京の既存店では1000円台で10貫以上味わえるランチセットも提供されているので、名古屋店で開始されることも期待して良さそうですね。

 

オープンから一か月が経とうとしている今でも人気が衰えない『梅丘寿司の美登利総本店』

板前さんが握る寿司を、気軽に破格で堪能できる名店としてこれからも多くの方が殺到することでしょう。

始めに記したように、店頭で受付をすれば行列を回避して自由に行動することが可能です。ぜひ生まれ変わった名駅と合わせて粋な江戸前寿司を味わってみてください!

 

※記事中の情報は2017年5月時点のものです。

MAP

場所 名古屋市中村区名駅1丁目1-1015-15

JRゲートタワー12F

TEL:052-756-2580(予約不可)

席数:58席

期間 11:00~23:00(L.O.22:00)

※定休日なし

料金 ¥2,000~¥3,000程度

※記事中の価格表記は税抜き

公式サイト 梅丘寿司の美登利総本店

JRゲートタワー