『よいことパン』からだにやさしい食パン専門店、吹上にオープン。

グルメ 開店

2016/04/02

yoikotopan3

名古屋市千種区・吹上の食パン専門店『よいことパン』が、2016年3月20日(日)のオープン以来、SNS上を中心に大変話題になっています。
毎日口にするパンだからこそ、安心・安全な材料で作られたものにこだわりたい…という方にはうってつけのお店ですよ!

2019/4/15更新:イートインメニューに関する記載を追加しました。

素材にこだわったからだにやさしい食パン専門店

yoikotopan1

お店の場所は地下鉄桜通線「吹上」駅7番出入口から徒歩約3分。「千種文化小劇場」の3件ほど南隣のビルの1Fです。

小麦のプロがつくるおいしい食パン”をコンセプトに掲げた食パン専門店。
愛知県江南市に本社を置く小麦製粉メーカー『布袋食糧株式会社』が運営しています。

yoikotopan2

北海道産小麦3種を独自にブレンドして作られた食パンは、子供からシニアまで安心して食べられるように材料を厳選。
砂糖を一切使用せず、国産のもち米・米こうじ・米焼酎からつくった本みりんで自然な甘みを出し、バターの代わりに太白胡麻油を使用しているとのこと。

「よいことパン」を実食!

yoikotopan4

自慢の食パン『よいことパン』は一斤590円(税込)。
写真では伝わりづらいかもしれませんが、一般的によくある食パンと比べると一回りほどサイズが小さいのがポイント。

yoikotopan5

しかしながら非常に密度が高く、ボリューム感は抜群。
しっかりした耳の食感とモチモチの中身の噛みごたえは、何もつけなくても十分な満足感を与えてくれます。

さらに実は炊飯した玄米が加えられており、どことなくつぶつぶした食感も感じられ、からだに良さそうなパン!!という実感を感じられるでしょう。

お店では電話での予約も受け付けており、希望の枚数でスライスもしてくれるとのこと。
そのまま食べてもおいしいですが、トーストにしたり色々な材料を乗せてみたり。。。朝ごはんの楽しみが広がりそうですよね!!

イートインで名古屋的あんバタートースト&コーヒーも楽しめちゃいます!

※写真は「よいことパン 八事日赤店」で撮影したものです

お店の外のイートインスペースではトーストやドリンクなどのカフェメニューを味わうことも可能。

焼き立ての食パンにあんこ&バターをのせた『よい厚切りあんバタートースト』(380円)は、よいことパン、よいつぶあん、そしてカルピスバターを使用した超厚切りで食感がたまらない一品!

またコーヒーは昭和区に店舗を置くスペシャルティコーヒー専門店『GOLPIE COFFEE』とタッグを組み、独自に開発したコーヒーを提供。
オープンから12時まではモーニング価格で提供されるので、朝の散歩帰りなどに腹ごしらえしてみてもいいですね。

 

※商品の価格は2019年4月時点のものであり、変更になる可能性がありますのでご了承ください。

MAP

場所 名古屋市千種区千種3-7-7 ヒルズフドー1F
オープン日 2016年3月20日(日)オープン
営業時間 10:00〜18:00
定休日 月曜日・火曜日
公式サイト よいことパン