秋まつり開催中の『東山動植物園』で魅力あふれる秋の植物園を満喫する!【名古屋瓦版13】

その他

2018/10/27

名古屋を世界の観光都市にするべく、400年前から甦った武士集団、名古屋おもてなし武将隊。
そんな武将が勧めたい、行きたいお店・事柄を不定期でご紹介していく“名古屋瓦版”。

「名古屋おもてなし武将隊」と9周年スペシャルコラボを組みし『東山動植物園』に、第六天魔王・織田信長と太助が参った。
此度は、皆の者もまだまだ知らぬ魅力満載の「植物園」の秋の見どころをお届け致す!!

今回は儂らが、名古屋おもてなし武将隊9周年記念イベントも行った東山動植物園へ出陣!
イケメンゴリラ「シャバーニ」やフクロテナガザル「ケイジ」など、大人気の動物が沢山じゃ!

そして秋の行楽に向けて、さらに植物園も皆に勧めて参りたい。
なんと東山動植物園は、入場料500円(大人)、中学生以下はなんと無料で動物園と植物園の両方楽しめるのじゃ!

 

四季折々の景色が楽しめる植物園。10月下旬から11月はバラが見頃である。

バラ園にはあらゆる種類のバラが植えてあり、満開となれば、荘厳な景色となろう。
バラの名前にも要注目じゃ!知らない種類を見れておもしろいのう!

さらに、
11月16日(金)〜18日(日)と22日(木)〜25日(日)は、期間限定で紅葉ライトアップも開催!(入園は20時まで)

この木が全て紅く染まればそれは見事であろうな。

因みに夜景を楽しむライトアップ、日本で初めて行ったのは、この儂が安土城にて行ったのが最初とされておる。

 

他にも植物園には武家屋敷門や、茶室、白川郷より移築した合掌造りの家もあり、季節を感じながらも歴史文化風情も感じられる魅力溢れる場所となっておる。

信長様、拙者もよろしいでしょうか?

何じゃ、太助も何か伝えたいことがあるのか?

はい、拙者がお伝えしたいのは、おしべとめしべの名付け親である伊藤圭介先生のウォークラリー『東山植物園にある圭介ゆかりの植物めぐりでござります。

土日祝日に行っておりまする。
キーワードを完成させると、なんと景品が貰えますぞ!(〜11/11まで)

そして拙者のおすすめは、植物園にして植物のみにあらず。
植物園内には数多くの野鳥がおりまして、バードウォッチングが楽しめまする。

秋から冬にかけては、
アカゲラ、ハクセキレイ、ジョウビタキ、マヒワ、モズ、ルリビタキ
など、色とりどりの野鳥が見られますぞ!

ぜひ植物園を隅々まで楽しんでくださりませ。

 

そうであるか。

ありがとさんじゃ。

そんな東山動植物園は、10月6日(土)〜11月18日(日)まで秋まつりを開催中。
様々な催し事が行われており、何度行っても新たな発見がある。

是非ともこの秋に東山動植物園へ行ってみては如何であろうか?

 

→名古屋おもてなし武将隊®公式サイト

MAP

場所 名古屋市千種区東山元町3-70 東山動植物園
入園時間 9:00〜16:30(閉園:16:50)
※ゴリラやチンパンジーは時間帯によって見られない場合があります
休館日 月曜日(祝休日の場合は翌平日)
12月29日〜1月1日
料金 大人:500円 中学生以下無料
公式サイト 東山動植物園