パスタでシメる焼き鳥店!瑞穂区『せせらぎ』でこだわりの地鶏に乾杯【ラガー大びんの似合う店29】

グルメ

2018/10/26

瑞穂区・瑞穂通沿いにある『焼鳥せせらぎ 瑞穂通店』。

アットホームな雰囲気のこのお店に集まる人々のお目当ては、ビールと、それに合う地鶏を使用した素材の味が活きる焼鳥メニュー、さらにシメとしていただく専門店さながらのお味のパスタ(!)なんです。

他の焼鳥店にはない粋な計らいに、老若男女問わずこのお店の魅力に取り憑かれた人が数多く訪れているのです。

素材にこだわりアリ!アットホームな焼鳥店

地下鉄桜通線「瑞穂区役所」駅3番出口から出てすぐの場所にある「焼鳥せせらぎ」。

昭和の香りを今に残す瑞穂通三丁目市場にも隣接。ユニークなニワトリのイラストが目印です。

店内に入ると、お店の奥の方にグループ用の半個室席もあるものの、それ以外はほぼカウンター席
老若男女問わず1人で訪れる人が非常に多いそうで、まるで第二の我が家のように「ただいま」と帰ってこれるようなアットホームな雰囲気が醸し出されています。

焼鳥/串物のメニューは定番から個性派までバラエティ豊かなラインナップ。
1本100円〜150円前後と非常にリーズナブルな価格帯ながらも、鮮度の高い三河地鶏を使用するなど素材へのこだわりぶりが魅力なのです。

素材の味が活きる焼鳥&ユニークな串物メニュー

今回店主の方にチョイスしていただいたおすすめの5本がこちら。

焼鳥店では定番の
せせり」(120円+税)
つくね」(150円+税)に加えて、

内臓系が特に自慢ということで
肝」(80円+税)
心臓」(120円+税)、

さらに変わり種串の
トマチベ」(200円+税)
をいただきました。

食材が本来持っている味わい、旨味、さらには弾力などを活かすことを何もよりも大切にしており、タレもあまり味をつけすぎていないのが特徴。
焼き加減にもこだわりがあり、肝や心臓に関してはややレア気味に仕上がっており口の中でとろけるような食感を楽しめます。

トマト+チーズ+ベーコンを組み合わせたオリジナルの串『トマチベ』も非常にユニーク。

お客さんの要望で実験的なものから始まったというこのメニューは、まるでピザを小さく小さく凝縮させたようなイタリアン感覚の串焼き。
噛んだときにトマト汁がプシャーっと噴き出る感覚がたまりません。

さらにはこの『ささみ塩ユッケ』(450円+税)もおすすめ。
鮮度が高い鶏だからこそ自信を持って提供される刺身メニューです。

こちらもやはり地鶏の本来の旨味が活きています。
塩、ごま油、にんにくというシンプルな味付けも◎。卵黄をつけてまろやかな口当たりを楽しむこともできます。

シメにはお洒落な「スープペペロンチーノ」!

この店ならではのお楽しみはこれだけではありません。
なんと焼鳥屋さんでありながら、メニューには載っていないパスタをふるまってくれるのです。

常連客にも非常に人気が高いパスタメニューは、焼鳥を食べた後のシメにもぴったり。

今回いただいたのは店主が最も得意としているという『スープペペロンチーノ』。

以前はダイニングバーで料理をふるまっていた経験を持つ店主が作るだけに、焼鳥店のイメージとは少しかけ離れた洒落た仕上がり。

食べてみると、お味の方も専門店に引けを取りません!
鶏ガラベースのスープはつるつるっといきやすく、まるでシメのラーメン感覚ですぐに入っていきます。
ボリュームも多いので満足度も非常に高いですよ!

これ以外にもトマト系、クリーム系など好みや要望に応じて作ってくれるそう。お値段は一皿1,000円〜となっています。

そして焼鳥にもパスタにも、お供にはキリンラガーがぴったり。

昔も今も変わらない力強い味わいは頑固親父のようであり、ほろ苦い後味は変わりゆく価値観にも無理をいって付き合ってくれる優しい父親のようでもある・・・そんな気がします。

「焼鳥せせらぎ」ではクリーミーな泡が特徴的な「生」ラガーも楽しめるので普段瓶でしか飲まないという方もぜひお試しあれ。

 

※メニューや価格等の情報は2018年10月時点のものであり、変更となる場合があります。

◆取材協力/キリンビール株式会社

MAP

場所 名古屋市瑞穂区瑞穂通3-2-2
営業時間 17:00〜1:00(L.O.0:30)
定休日 月曜日
公式サイト 焼鳥せせらぎ 瑞穂通店