新たなシメの定番!?『カレーうどん千吉』名古屋に続々オープン。

グルメ 開店

2018/05/18

中区・錦周辺ではシメはカレーうどんという食文化が根付いていますが、昨年から名古屋市内の各所に急速なペースでオープンしている『カレーうどん千吉』というお店をご存じですか?

こちらは遅くまでカレーうどん・天ぷら・アルコールをコストパフォーマンス高く味わえるので、連日どの店舗も賑わっているんです。

『カレーうどん千吉』とは。

昨年の夏、栄に名古屋初上陸を果たした『カレーうどん千吉』は、今春までに大須店・伏見店・ウインクあいち店(名駅)と勢いよく出店を続けています。

こちらは栄店の店内ですが、どの店舗も木のぬくもりを感じて落ち着く店造りになっていますよ。

ランチタイムは基本的に「カレーうどん」のみの提供ですが、ディナータイムは「揚げたての天ぷら」や一品料理を、豊富なドリンクと一緒にリーズナブルな価格で味わうこともできるんです。まずは店名にもなっている代表商品をご覧ください。

これが『カレーうどん千吉』の定番四天王だ!

和風スパイシーカレーうどん

和風ダシをベースにしたビーフカレーソース。旨味が詰まったダシ、コクがあって程よいスパイス感がクセになります。オーソドックスなカレーうどんに最も近いのはこちらの商品ですね。

三十種類以上の香辛料をブレンドしたこだわりのソースに合わせるのは、千吉オリジナルの平打ち麺。モッチリした「弾力」と麺と汁が絡みやすい「粘り」が特徴です。

千吉カレーうどん

お店の自慢商品とのこと。ベースの和風ダシに合わせるのはミルク。辛味は残しつつも、他のソースよりもクリーミーで優しい仕上がりになっています。

黒カレーうどん

他の味付けよりも更に濃厚なブイヨンの旨味が詰まっています。スパイス感が強いので、辛いものが苦手な方はご注意ください。

赤カレーうどん

タイ料理のような仕上がりで、ココナッツと香辛料の味わいと風味が特徴的。本格的なスパイシーさを感じられるということで、特に女性からの支持が高いそうです。

うどんを食べ終わったら、ご飯を残り汁に入れて雑炊・リゾット風にして味わうのが千吉流とのこと。炭水化物のダブルコンボになってしまいますが、ダシと香辛料が効いたソースはどれもご飯とマッチして美味しく頂けます。

コスパ最高な「天ぷらバル」としてもお薦め!

『カレーうどん千吉』という店名ですが、揚げたて熱々の天ぷらを80円~120円とお値打ち価格で味わえるのも魅力なんです。

軽やかな衣とプリッとした食感は大人気の「海老」。「玉ねぎ」や「レンコン」等の野菜は素材の水分が残されていてジューシー。金目や穴子など高価な食材もリーズナブルに味わえるのが嬉しいです。天ぷらは単品で好みのものを注文できるだけでなく、おまかせの盛り合わせにすると更にコスパが高くなりますよ。

その他にも唐揚げや手羽先、おでん等の一品料理も豊富で、アルコールはビール・ハイボール・焼酎・日本酒・ワインがリーズナブルに味わえます。飲んだ後のシメには種類豊富なカレーうどんを一度味わってみてくださいね。

 

MAP

【栄店】

【大須店】

【伏見店】

【ウインクあいち店】

場所 【栄店】

名古屋市中区栄4丁目3-4

TEL:052-684-9969

【大須店】

名古屋市中区大須3丁目17-13

TEL:052-253-9931

【伏見店】

名古屋市中区錦2丁目16-11

TEL:052-201-5033

【ウインクあいち店】

名古屋市中村区名駅4丁目4-38

愛知県産業労働センター地下1階

TEL:052-485-7125

期間 【栄店】

11:00~27:00

【大須店】

11:00~23:00

【伏見店】

11:00~23:00

【ウインクあいち店】

11:00~23:00

※伏見店は日曜定休

料金 ¥1,000~¥2,000程度
公式サイト カレーうどん千吉