大須のうなぎの名店『大松』が2018年8月28日をもって閉店する模様。

グルメ 閉店

2018/08/14

大須・新天地通にあるうなぎ料理の名店『大松(だいまつ)』が、2018年8月28日(火)をもって閉店します。

「大松」は明治38年創業、およそ110年以上の歴史を持つ料理店。区画整理による立ち退きで一度閉店していますが、要望を受けて新天地通沿いのメガタウン内にテナントとして復活した経緯があります。

お店の一番人気のメニューはなんといってもうなぎ料理。三河一色産の良質なうなぎを使ったひつまぶしや、月曜〜土曜のランチタイムには850円で食べられる『ミニまぶし』などのメニューがあり、高級食材であるうなぎを手軽に味わえる点が魅力です。

大須の名物店でもあり、名古屋の地元民が本当に愛する名古屋めしの名店。なくなってしまうのは本当に残念ですね…。

※「大松」に関する詳細な記事はこちら↓

三河一色産うなぎのひつまぶしが超お値打ち!大須で愛され続けている『大松』

MAP

場所 名古屋市中区大須3-30-93 メガタウン1F
閉店日 2018年8月28日(火)