名古屋駅前・キャッスルプラザに『台湾まぜそば はなび』がオープンしたので行ってきたよ。

開店

2018/02/03

名古屋駅の東にあるホテル「キャッスルプラザ」の地下1Fに、『台湾まぜそば はなび 名古屋キャッスルプラザ店』が、2018年1月28日(日)にオープンしました。

今や日本中から注目を集めているはなびの「台湾まぜそば」を名古屋駅から一番近い場所で食べられる!ということで、観光客の方にも是非ともおすすめしたいスポット。
今回は人気メニューの『キミスタ』をいただいてきたのでそちらも併せて紹介します!

名古屋駅から一番近い「はなび」キャッスルプラザ内にオープン

名古屋駅の東、桜通沿いにあるホテル「キャッスルプラザ」。
この地下1Fにあるレストラン街に、名古屋めしの雄「はなび」がついにオープンしましたよ!!

実は名駅エリアにはなびがオープンするのはこれで2店舗目
ですがこれまでは名古屋駅からちょっと遠めの場所だったので、名駅エリアのビジネスパーソンや名古屋に観光で来られた方がより利用しやすくなりそうです。

外観はこんな感じ。
おなじみの行列で並ぶ方のためのお茶セットも用意されてます。

元々レストランだった場所なので店内は広々
10席程度のカウンター席のほか、大人数で来ても座れるようなテーブル席や、ゆっくりくつろげるボックスシートなんかもあります!

※麺屋はなび 高畑本店で撮影したものです

はなびといえば新・名古屋名物「台湾まぜそば」の発祥の店。
以前にもちらっとご紹介したことがあります↓

名古屋名物「台湾まぜそば」の人気店6店を食べ比べてみたよ。

今回はせっかくなので、名古屋情報通では未登場の人気メニュー『キミスタ』をご紹介したいと思います!!

辛くないまぜそば『キミスタ』

こちらがはなびで「台湾まぜそば」に次ぐ人気を誇るメニュー『キミスタ』。
台湾まぜそばにあるピリ辛ミンチがのっておらず、辛いものが苦手で人でも食べられるまぜそばなのです。

具材の中でも特徴的なのがキューブ状のチャーシュー。表面が炙られていて旨味がぎゅっと閉じ込められています。
他にもねぎ、水菜がしゃきっとした食感と清涼感を与えてくれます。

これらを食べる前に豪快にまぜます!!
麺から出る独特の粘り気が具材をよく絡ませてくれるポイントなんですねー。

テーブルに置かれている昆布酢を加えるとまろやかに味変するのでお好みで加えるといいでしょう。

そして最後のお楽しみ…「追い飯」!!
麺を食べきってタレが少し残った器をお店の人に渡して、「追い飯くださ〜い!」と言うと、ほんの少しだけご飯を入れてくれます。

キミスタの場合はゴロゴロチャーシューとご飯のマッチ度が格別!
2〜3口で終わってしまいますがあまりにも至福すぎる瞬間です。

他のメニューもおすすめ

キャッスルプラザ店では他にも普通の「台湾まぜそば」はもちろん、「辛くない台湾まぜそば」「カレー台湾まぜそば」、汁系では「醤油ラーメン」「台湾ラーメン」などさまざまなメニューも提供されています。
ランチタイムのほか、仕事帰りに立ち寄ってみるのもいいですね。

はなびといえば行列になりやすいイメージがありますが、意外と普通に歩いているだけだとわかりにくい場所にあるので、結構穴場かもしれませんね。おすすめです。

 

MAP

場所 名古屋市中村区名駅4-3-25 B1F
オープン日 2018年1月28日(日)
営業時間 11:00〜14:00/18:00〜23:30
公式サイト