銀座発・野菜たっぷりすぎるカレー専門店『はるかなるカレー』が名古屋・栄にオープン!

グルメ 開店

東京・銀座で人気のカレー店『はるかなるカレー』が名古屋に上陸!栄の西、広小路本町近くに2019年6月5日(水)にオープンしました。

こちらのお店、農家から産地直送の旬野菜をこれでもかというほどに皿に盛り付ける”野菜ドカ盛り“なカレーが名物!

夏バテ対策にもぴったりなお店の場所やメニュー、そして気になるそのお味までとことんご紹介いたします!!

広小路本町に上陸!テレビでも紹介された野菜たっぷりカレー店。

お店がオープンしたのは、広小路通沿い・栄と伏見の中間地点に位置する「広小路本町」交差点近くのビルの1F。
昨年(2018年)誕生した『広小路クロスタワー』のちょうど真向かいぐらいですね。

店内にはカウンター席のほか、奥の方には4人がけのテーブルが何卓か設けられていて、おひとり〜グループまで幅広く利用できそうです。

「はるかなるカレー」は、東京・銀座で女性店主が切り盛りするカレー店としてテレビでも何度も紹介されたことのある人気店
今回オープンしたこの名古屋店はフランチャイズ店となります。

メニューとトッピング

提供しているメニューは超シンプルで、野菜たっぷりの看板メニュー『はるかなるカレー』(1,280円)1品のみ!

こちらは元々野菜7〜9種類に加え大山鶏の手羽元が2本トッピングされたかなりのドカ盛りメニューなのですが、
それに加えてさらに追加トッピングとして、

・温玉・・・100円
・もみのり・・・100円
・追加手羽元・・・150円
野菜倍量・・・500円
・ごはん大盛り・・・50円

をオーダーできます。

元からかなりのボリュームなのでトッピングは慎重にオーダーした方がよいかと思いますが、
野菜倍量」ってすごくないですか!?想像もつかないー!!!

さらにドリンクとして、

・烏龍茶・・・300円
・オレンジジュース・・・300円
・グラスワイン・・・500円

がオーダーできます。

看板メニュー「はるかなるカレー」を実食!

こちらが『はるかなるカレー』(1,280円)。
今回はトッピングとして「温玉」だけつけてみました!

まるで畑を空から見下ろしたようなドカ盛り具合!
野菜はすべて、東海地方の産地直送・減農薬野菜を使用しているんです。

使われている野菜の数を数えてみましたが、ぱっと見ただけでも、

・ズッキーニ
・さつまいも
・ブロッコリー
・パプリカ
・トマト
・キャベツ
・水菜
・豆
・ごぼう
・オリーブ

…となんと10種類も入ってるっっ!!
オープン直後だからちょっとだけサービスしてくれてるのかな…??

さつまいもやズッキーニなどは素揚げ調理されていて非常に食べやすいです。
季節ごとに旬な野菜に入れ替わるそうですよ。

そしてこのカレーのもうひとつの花形食材が大山鶏の手羽元

もうすでに形がわからなくなっているほど煮込まれてホロホロになってしますが、一応骨付き。
パサパサ感がなくてめちゃくちゃやわらかい!
軟骨のコリコリ部分もほどよくあって心地よい食べ心地です。

ご飯は新潟県産コシヒカリ玄米を使用。こちらも食感よし。

そして、野菜とごはんに隠れて見えなくなってしまっているカレールウは、スープカレーのようにサラッとした質感
小麦粉/バター不使用!
スパイスとハーブの芳醇な香りの中に、野菜の甘み、そして大山鶏の旨みが溶け込んでいます。

テーブルには辛味調味料も置かれているので、辛い物好きはたくさんかけてよりピリッと引き締まった味わいを楽しむとよいでしょう。

何もかけないとそこまで辛くないのですが、やはり食べた後にはじんわりと汗をかき、胃の中もなんだかあったかくなってきました!
15種類以上の自家調合したスパイスやハーブがたっぷり入っている証拠ですね。

ヘルシー志向のカレーということで女性に超おすすめですが、ボリュームも満点なので男性にもおすすめ!
場所柄オフィスパーソンが集まりやすいので混雑しやすいですが、カレー好き・そして野菜好きならば一度は味わってみる価値はありますよ。

 

※メニューや価格等の情報は2019年6月時点のものであり、変更となる場合がありますのでご了承ください!

 

MAP

場所 名古屋市中区栄2-4-5 サンケリー広小路ビル1F
オープン日 2019年6月5日(水)
営業時間 11:30〜14:00/17:00〜20:00
※カレーはなくなり次第終了です
定休日 日曜日・祝日
公式サイト はるかなるカレー(Instagram)