東海ローカルのイイものを集めた喫茶店『喫茶日日』名古屋パルコにオープン。

グルメ 開店

名古屋市中区・栄の「名古屋パルコ」西館2Fに、新たな喫茶店『喫茶日日(にちにち)』が2021年5月12日(水)にオープン(5月1日(土)からプレオープン)しました。

お得に味わえるモーニングセットなど名古屋喫茶の魅力はもちろん、地場の食材を取り入れたフードメニューなど東海地方のいいところをぎゅっと凝縮させたお店。早速行ってまいりました!

KELLYプロデュースの東海の魅力を集めた喫茶店が名古屋パルコにオープン!

お店がオープンしたのは、名古屋パルコ西館2F。

こちらは30年以上東海地区の街情報を発信してきた地域情報誌『KELLY』が手がける喫茶店。
「GOOD LOCAL LIFE」をコンセプトに、東海ローカルの魅力を喫茶店という飲食業態を通して発信。

店内は木目を基調とした落ち着いた空間。
矢場町の街並をすぐ近くに感じられる窓際の席がとっても魅力的。

お店の奥の方には1人用のプライベートブースが4席用意されています。
こちらの席にはコンセントとUSBポートが設置されているため、リモートワークも快適に行えそうですよ。

4種のトッピングを楽しめる特別なモーニング

提供メニューの中でまず初めにご紹介したいのが、名古屋の喫茶店文化の象徴ともいえるモーニング

こちらでは開店の11時〜夕方の15時まで、ドリンク代のみで厚切りトーストとゆで卵がついてきます。

さらにおすすめなのが、ドリンク代+300円でオーダーできる『日日スペシャルモーニング』。
このメニューに限っては、営業時間内終日オーダーが可能です。

トーストは愛知県小牧市の『本間製パン』の食パンを使用。

さらにトッピングとして、名古屋市中村区『コーヒーハウスかこ』のバナナ&バニラジャム、岐阜県揖斐郡『ととりべファーム』のいちごジャム、三重県伊勢市『伊勢製餡所』のあんこ、三重県桑名市『舘養蜂場本店』のはちみつの4種類の味わいが楽しめる贅沢な一品。

トーストはあらかじめ4分割しやすく切れ目が入っているので、食べ比べがはかどりますよ。

発酵をテーマにした地場産食材たっぷり定食

そして11時〜15時にオーダー出来るランチメニューのおすすめが、こちらの『日日定食』(1,200円 ※プラス200円で1ドリンク付き)。

東海地区に根付く「発酵食」がテーマとなっています。

メイン料理は肉料理と魚料理から選ぶことが可能。
写真は『天然真鯛のヨーグルトクリームチーズ漬けソテー』。ふわふわとした食感と素朴な味付けが魅力的。

さらに和洋中にとらわれず発酵にこだわった小鉢2品、具沢山の豚汁、岐阜県産『夢ごこち』を使ったホカホカの白ごはんつき。

メイン料理、小鉢ともに定期的に内容が変わるため、新しい味わいに出会えつついつでも体にやさしい定食が楽しめるのがうれしいですね。

喫茶店の定番料理やデザートメニューも。

ほかにもコーヒーのお供にぴったりなデザートメニューも提供。
レトロなルックスの『プリン』(450円)はかなり固めの仕上がり!

美しいガラスの器に入った『コーヒーゼリー』(600円)は、ホイップとバニラアイスのやさしい甘みが魅力。

さらに喫茶店の定番メニューである『鉄板ナポリタン』(800円)や『オムライス』(900円)、『カツサンド』(900円)なども味わうことが出来ますよ。

都心にいながらほっとくつろげる喫茶空間を楽しめる貴重なお店。老若男女問わずおすすめです!

 

※メニューや価格等の情報は変更となる場合があります。

MAP

場所 名古屋市中区栄3-29-1 名古屋パルコ⻄館2F
オープン日 2021年5月12日(水)
営業時間 11:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日 名古屋パルコの休館日に準ずる
公式サイト 喫茶日日 公式サイト
喫茶日日 Instagram