おとぎ話から生まれたドレスオムライスが可愛い!池下『La Muto(ラムート)』がリニューアルオープン。

グルメ 開店

千種区・池下のレストラン『La Muto(ラムート)』が2021年1月27日(水)にリニューアルオープンしました。

新たなメニューはこだわりのオムライスやハンバーグ!

中でもおとぎ話から飛び出してきたようなドレスオムライスが話題となりつつあるんです。

池下駅近くのイタリアンがリニューアル!

『La Muto(ラムート)』があるのは地下鉄東山線「池下駅」裏側の錦通り沿い。

以前はピザやパスタを中心にイタリア料理を提供していたお店でしたが、新たなシェフが就任したことでカジュアルに利用できる洋食屋さんへと生まれ変わりました。

木の温かみを感じられるおしゃれな空間。

店内はカウンター席とテーブル席に分かれており、天気の良い日はテラス席も利用可能です。

メイン料理はオムライス、ハンバーグ、パスタの3種類。

その中から今回は特に人気のオムライスを2つオーダーしてみました。

プリンセスのドレスオムライスを実食!

こちらが一番人気の「美女と野獣のオムライス(¥1,180)」

プリンセスの上半身をイメージしたピックが取り付けられているだけでなく、スカートのプリーツを連想させる絶妙な焼き方にもこだわっているんです。

ふわふわ・トロトロの玉子の中には香りの良いバターライス。

盛りつけられた牛肉は肉厚なのに柔らかくてジューシー。コクのあるデミグラスソースが各素材を引き立てる本格的な洋食屋さんの味わいです。

続いていただくのは「眠れる森のオムライス(¥1,180)」

ピンクのカラーが強烈なビジュアル。実はこちらの色合いはビーツで作られているんです。

デミグラスソースとは異なるチキンクリームシチューのような味わい。

クリーミーで濃厚なシチューと柔らかいチキンはドレスオムライスと相性抜群。SNS映えだけではない美味しさもしっかり楽しめます。

ディナータイム&テイクアウト情報

ランチのメイン料理にはサラダが付く等のサービスがあるものの、基本的にはディナータイムも同メニュー・同価格。

時間帯を問わずビールやワインを注文できるのも嬉しいです。

そして『La Muto(ラムート)』の料理はテイクアウトも可能。不思議の国へと誘うドレスオムライスは特にオススメですよ!

MAP

場所 愛知県名古屋市千種区池下町2-17

セピア217 1階

TEL:052-715-6735

駐車場:なし

期間 11:00~22:00

定休日:月曜日

※現在は20:00迄の短縮営業

料金 ¥1,000~¥1,500程度

※記事中は税込表記

公式サイト La Muto(Instagram)