中川区に新複合施設『バーミキュラビレッジ』誕生。ショップ/レストラン/ベーカリーまで徹底紹介!!

グルメ 開店

名古屋市中川区の中川運河沿いに、新たな体験型複合施設『VERMICULAR VILLAGE(バーミキュラビレッジ)』が、2019年12月3日(火)にグランドオープンします。

世界から注目を集めるメイド・イン・ジャパンの鍋『バーミキュラ』を使った料理を味わえるレストランや、使い勝手を実際に体感出来るショップなどで構成された、バーミキュラの魅力がふんだんに詰まったスポット。

その概要やアクセス方法、レストランのメニューに至るまで、余すことなくご紹介いたします。

もくじ

施設概要とアクセス

VERMICULAR(バーミキュラ)』は、名古屋市中川区に本社を置く愛知ドビー株式会社が製造する鋳物ホーロー鍋のブランド。

2010年に発売した無水調理により素材本来の味を引き出す『オーブンポットラウンド』、さらに2016年に発売したポットヒーターでの炊飯機能を加えた『ライスポット』を合わせた累計販売数は50万台を超え、世界中にファンを増やしています。

その新しい拠点となる「バーミキュラビレッジ」は、「最高のバーミキュラ体験」をテーマに、ショップ/料理教室/レストラン/ベーカリーカフェ/ラボなどを通じてバーミキュラの魅力、ものづくりの魅力にふれて楽しめるスポットとなっています。

施設は、フラッグシップショップを中心にブランドの世界観を体感できる『STUDIO AREA(スタジオエリア)』と、プロがバーミキュラで作った料理を味わえるレストラン&ベーカリー『DINE AREA(ダインエリア)』の2つのエリアで構成。

どちらも中川区舟戸町の中川運河沿いにありますが、それぞれ南北に120mほど離れた場所に位置しています。

公共交通機関でのアクセスは、市バス「幹名駅2」系統「小栗橋」バス停から徒歩1分。
また車での来場者向けに、「スタジオエリア」に29台、「ダインエリア」に35台駐車場が用意されています。

バーミキュラを深く知る『スタジオエリア』

施設北側に位置する「スタジオエリア」は、フラッグシップショップを中心にワークショップや料理教室を行う施設が入り、ものづくりとバーミキュラの世界観を深く知るためのエリア。

購入から使い方の習得、メンテナンスといったカスタマー対応の機能と、ブランド発信のための拠点の機能を集約しています。

バーミキュラ フラッグシップショップ

ショップでは、バーミキュラのすべてのラインナップを販売。実物を手に取って間近で見ることが可能です。

さらに世界のクリエイターとのコラボアイテムや、美濃焼「SAKUZAN」とコラボした食器などのセレクトされたキッチンウェアなども販売されています。

オーブンポットラウンドは、既存の5種類に加え、浅型やミニサイズ、オーバル型、食パン型などここでしか購入できない11種類の限定サイズ商品も展開。

新製品の先行販売も実施され、ファンにとっての聖地のような場所になりそうです。

また、購入前に使い勝手や味を確かめることが出来るのも大きな特徴。
キッチンでコンシェルジュが実演を交えて基本的な作り方を解説し、さまざまな疑問を解決してくれるほか、自分で調理体験を行うことも可能となっています。

キッチンスタジオ、その他の併設施設

キッチンスタジオ』は、専属シェフやコンシェルジュによる料理教室が行われるスペース。
季節に合わせたメニューを楽しめる初級から上級まで複数のコースが定期的に開催される予定です。

食に関する約3,000冊の本を備える『クックブックライブラリー』では本を購入できるほか、2020年以降はコーヒースタンドでコーヒーや焼き菓子を本とともに楽しめるとのこと。

他にも製造実演やワークショップが開催される『ラボラトリー』、使い方やトラブルについて相談できる『オーナーズデスク』といった施設も併設されています。

バーミキュラの食の世界を体感『ダインエリア』

南側にある木の建物が特徴的な「DINE AREA(ダインエリア)」は、レストランとベーカリーカフェの2つの施設に分かれています。

バーミキュラレストラン ザ ファウンダリー

VERMICULAR RESTAURANT THE FOUNDRY(バーミキュラレストラン ザ ファウンダリー)』は、モーニング・ランチ・ディナーに至るまで一日中楽しめるメインレストラン。

すべての料理にバーミキュラを使用し、季節ごとの食材そのものの味わいを活かした料理を提供。
メニュー開発は飲食店プロデュースを手がける企業『トランジットジェネラルオフィス』と共同で行っています。

吹き抜けが特徴的な広大な空間には74席を設置。
木のぬくもりにあふれるモダンな雰囲気の中、個室も用意され、普段使いから特別なシーンまで幅広く利用可能です。

さらにテラス席では、水鳥も飛び交う中川運河の美しい眺望とともに食事を楽しむことも出来ます。

モーニング(8時〜10時30分)の時間帯のおすすめメニューは、『イチゴとマスカルポーネのタルティーヌ』(900円+税)。
カリッと焼き上げたカンパーニュにイチゴとマスカルポーネチーズをのせ、リュバーブの甘みと酸味を効かせたデザートです。

その他に『こだわり卵の目玉焼きをのせたラタトゥイユのタルティーヌ』(800円+税)、『こだわりキノコのダッチパンケーキ』(1,100円+税)なども提供。
プラス200円でコーヒーや紅茶、ジュースなどのドリンクをセットにすることも可能です。

ランチタイム(11時〜14時30分)は、ライスポットで炊いたレモンライスに自家製スパイスを効かせた無水カレーがついた『豚すね肉とカリフラワーのスパイスカレー』(1,600円+税)が一押し。

他にもビーフシチューや魚料理、肉料理のランチも提供。
すべてにライスポットで炊いたご飯もしくはポットメイドブレッドがついてきます。

ディナー(17時30分〜22時)はアラカルト料理がメイン。

店内の薪窯で調理した『愛知鴨の薪火のロースト』(1,500円+税)、鍋ごと提供される『バーミキュラで無水調理した季節野菜』(2,200円+税)、デザートには『バーミキュラで作った栗のクリームブリュレ』(500円+税)など幅広いメニューを提供。

さらに『苺とリュバーブのマティーニ』(1,100円+税)などのオリジナルカクテルもあり、大人の食事を満喫することが出来そうです。

店内2Fのキッチンを囲むカウンターの特等席『CHEF’S TABLE(シェフズテーブル)』では、世界のトップシェフやバーミキュラ専属シェフによる特別な料理でおもてなしするイベントが定期的に開催される予定です。

バーミキュラ ポットメイドベーカリー

ポットメイドベーカリー」は、バーミキュラで焼き上げるパンの美味しさを存分に堪能できるベーカリー。

そのパンはなんと直径10cmの専用鍋をおよそ800個も用意し一個一個焼かれており、すべて丸い形をしているのが特徴。
外はパリッと、中はしっとりとした食感でやさしい甘みが感じられます。

無水カレーをたっぷり包んで焼き上げた代表作『バーミキュラの無水カレーパン』(350円+税)のほか、クッキー生地の『クランブルメロンパン』(180円+税)、モチモチ生地の『ドライフルーツとナッツのカンパーニュ』(320円+税)、名古屋名物・鬼まんじゅうをモチーフにした『無水調理したさつまいも』(250円+税)など20種類以上をラインナップ。

また、このベーカリーのためだけに開発された食パン型を使った焼いた『バーミキュラの食パン』(400円+税)と、自家製のあんこを織り込んだ『バーミキュラのあん食パン』(700円+税)も人気商品になりそう。

2Fにはイートインスペースもあり、パンだけでなくビーフシチューや季節野菜たっぷりのポトフを味わうこともできます。

まとめ

レストランやベーカリーカフェがあるので、普段から誰でも気軽に訪れることが出来るのが魅力的。

バーミキュラの魅力に触れられるのはもちろん、外を流れる雄大な中川運河の美しさも存分に楽しめるスポットになっていますよ。

地元の人からも愛されつつ、名古屋以外の地域からも人が訪れ、このエリアに新たなにぎわいが生まれることが期待されますね。ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

※メニューや価格等の情報は2019年12月時点のものであり、変更となる場合があります。

MAP

場所 【スタジオエリア】
名古屋市中川区舟戸町2 運河沿い
【ダインエリア】
名古屋市中川区舟戸町4 運河沿い
オープン日 2019年12月3日(火)
営業時間 【スタジオエリア】
平日:10:00〜20:00
土日祝:9:00〜20:00

【レストラン(THE FOUNDRY)】
モーニング:8:00〜10:30(L.O.10:00)
ランチ:11:00〜14:30(L.O.14:00)
ティー:14:30〜17:00(L.O.16:30)
ディナー:17:30〜22:00(フードL.O.21:00/ドリンクL.O.21:30)
※日・月・火は21:00まで(フードL.O.20:00/ドリンクL.O.20:30)

【ベーカリー(POT MADE BAKERY)】
平日:10:00〜18:00
土日祝:8:00〜18:00

定休日 【スタジオエリア】
水曜日
【レストラン(THE FOUNDRY)】
定休日なし
【ベーカリー(POT MADE BAKERY)】
定休日なし
公式サイト バーミキュラビレッジ